もんもんニュースおすすめの他サイト記事

国際


1: ばーど ★ 2018/10/18(木) 13:24:29.48 ID:CAP_USER9
・中国に街灯の代わりとなる「人工月」が打ち上げられる予定
・人工月には太陽光を反射させるパネルが取り付けられており、その角度を変化させて照射位置を調整する
・その明るさは本物の月の「8倍」にも及び、直径10-80Kmのエリアを照らすことが可能

中国の歴史的都市「成都市」において、壮大なプランが浮上しています。なんと、宇宙に「巨大な人工月」を打ち上げて、街灯の代わりに街を照らしてもらおうというのです。

打ち上げの予定は2年後の2020年。その輝きは本物の月の「8倍」ほどになるとされており、直径で10-80キロメートルのエリアを明るく照らすことができるとのことです。先週、成都市で行われたイベント “2018 National Mass Innovation and Entrepreneurship” において、中国の宇宙開発企業「中国航天科技集団」がこの計画を発表しています。

打ち上げのテストは数年前から実施されており、2020年の打ち上げに向けての技術的な準備は完了しています。また、中国航天科技集団は中国の宇宙開発を請け負う主要企業ですが、この計画が中国政府の支援を受けているのかについては不明です。

この「人工月」には太陽光を反射させられるパネルが取り付けられており、その角度を変化させることで、照射位置を調整します。

世界を見渡すと、過去にも同じように太陽光を利用した例があります。2013年、「太陽が届かない街」として有名であったノルウェーの谷底の街、リューカンに「3つの鏡」が設置されました。コンピューター制御されたその鏡は、間接的ではありますが、街に待望の「日光」を届けることに成功しています。

また、1990年台にはロシアが人工衛星 “Znamya” を打ち上げ、太陽の光を地球の夜間地域に反射させて、その地点を明るくすることに成功しています。その後もサイズを大きくした “Znamya2.5” が計画されましたが、こちらは打ち上げに失敗。開発者はさらなる挑戦への資金調達ができずに、結局その構想が実現することはありませんでした。

「人工月」の登場によって懸念されるのは「夜行性の動物」への影響ですが、光学の専門家は、この人工月の光は「夕暮れどき」のようなほのかなものであり、動物のルーティーンに影響が出ることは考えにくいと説明しています。

2018/10/18 nazology.
https://nazology.net/archives/22493

国内


1: KingFisherは魚じゃないよ ★ 2018/10/16(火) 17:01:27.72 ID:CAP_USER9
ビル免震・制振装置、検査データ改ざん疑い 全国1千棟

国土交通省は16日、自動車や建設向けの油圧機器で大手のKYB(本社・東京、中島康輔社長)と子会社のカヤバシステムマシナリー(同、広門茂喜社長)が、 共同住宅などの建物で地震の揺れを抑える免震や制振装置の検査データを改ざんしていた、と発表した。

改ざんの疑いがあるものを含めると、全国の共同住宅や事務所、病院、庁舎など986件で使われているという。KYBの中島社長らが16日夕に都内で会見して問題について説明する。

KYBは1919年創業で、自動車向けショックアブソーバーで世界シェア2位の大手メーカー。今回不正を起こした建物用の免震や制振ダンパーでは国内シェアトップ。

同社のホームページによると、東京スカイツリーの制振装置にも使われているという。

鉄道や航空機向けなどの油圧機器も幅広く製造している。戦時中は零戦の主脚部品も製造した。2018年3月期の売上高は3923億円、グループ従業員数は約1・5万人。

KYBが改ざんしたのは、地震の際に建物の揺れを抑える「免震オイルダンパー」と「制振オイルダンパー」で、2000年3月から18年9月までに出荷された製品。

出荷前に行う検査では、国交省の基準や顧客の性能基準に合わない値が出ていたのに、基準値内に収まるように書き換えて出荷していたという。

KYBが検査をした結果、震度6強から7程度の地震でも倒壊の恐れはないといい、国交省は安全性に問題はないとしている。

国交省はKYBに対し、免震装置を速やかに交換する計画を立て、報告するよう求めた。

(全文)
https://www.asahi.com/articles/ASLBJ51W3LBJULFA014.html

国内


1: シャチ ★ 2018/10/18(木) 02:05:09.82 ID:CAP_USER9
 他人が所有する雑木林から野生のクルミを盗んだとして、神奈川県警津久井署は17日、相模原市中央区の無職の男(38)を窃盗容疑で現行犯逮捕した。「地球に生えているものを採って何が悪い」と容疑を否認しているという。

署によると、男は17日午前10時20分ごろ、同市緑区中野にある農協職員所有の雑木林で、クルミ71個(時価1200円相当)を盗んだ疑いがある。近所の人から「見知らぬ男が雑木林に入って何か採っている」と通報があり、駆けつけた署員が声をかけたところ逃げたため現行犯逮捕した。地域ではこの時期、野生のクルミが旬で、採りにくる人が散見されるという。

10/18(木) 0:09配信 朝日新聞デジタル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00000002-asahi-soci

IT


1: 記憶たどり。 ★ 2018/10/17(水) 10:30:34.04 ID:CAP_USER9
YouTubeで大規模障害の可能性
500 Internal Server Errorhttps://www.youtube.com/feed/trending

国内


1: 孤高の旅人 ★ 2018/10/17(水) 03:48:19.22 ID:CAP_USER9
 自己の所有する高級車BMWに火を付けたとして、兵庫県警加古川署は16日、建造物等以外放火の疑いで、加古川市野口町、介護士の男(26)を逮捕した。「ローンが払えなかった」などと容疑を認めており、同署は保険金目当ての可能性もあるとみて調べている。

逮捕容疑は16日午前4時20分ごろ、加古川市神野町のゴルフ練習場の駐車場で、自分の車にオイルをまき、ライターで火を付けた疑い。

同署によると、男は盗難を装い、「自宅からなくなった自分の車が、ゴルフ場の駐車場で燃えている」と110番した。駆け付けた署員が、近くの草むらに捨てられていたドライブレコーダーを発見。映像を確認すると、ドライブレコーダーを取り外す男の姿が映っており、事情を聴いたところ放火容疑を認めたという。車は座席部分を中心に激しく燃えていた。

10/16(火) 19:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000010-kobenext-l28

国内


1: 香味焙煎 ★ 2018/10/15(月) 20:54:53.08 ID:CAP_USER9
第二東京弁護士会に所属する32歳の弁護士が、無免許運転で死亡事故を起こした男にうその供述をさせ、車を貸した所有者に捜査が及ばないよう働きかけたとして、横浜地検特別刑事部は犯人隠避教唆の疑いでこの弁護士の逮捕状を取りました。今後、取り調べを進め、容疑が固まり次第、逮捕する方針です。

逮捕状が出されているのは、第二東京弁護士会に所属する江口大和弁護士(32)です。

捜査関係者によりますと、江口弁護士は横浜市で起きた無免許運転の死亡事故をめぐり、車を貸した所有者に捜査が及ばないようにするため、運転していた男にうその供述をさせた疑いが持たれています。

おととし5月、横浜市泉区で無免許の男が借りた車を運転中、電柱に衝突するなどの事故を起こし、同乗していた男性1人が死亡しました。

男は「勝手に車を持ち出した」などと供述していましたが、その後の調べで、江口弁護士の指示でうそをついた疑いがあることがわかったということです。

その結果、所有者も無免許と知りながら車を貸したとして道路交通法違反の罪で起訴されています。

横浜地検特別刑事部は、江口弁護士が口裏合わせを主導したと見て、犯人隠避教唆の疑いで逮捕状を取りました。
今後、取り調べを進め、容疑が固まり次第、逮捕する方針です。

江口弁護士は刑事事件や交通事故に詳しいとして民放のテレビ番組に出演するなどしています。

NHK NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181015/k10011672601000.html

国内


1: ばーど ★ 2018/10/15(月) 13:34:21.19 ID:CAP_USER9
 三重県津市で14日、金属製の側溝の蓋=グレーチングを盗んだ疑いで、土木作業員の男が逮捕されました。

逮捕されたのは、津市高洲町の土木作業員・永井宏幸容疑者(58)です。

永井容疑者は、13日夜から14日朝にかけ、津市住吉町の市道の側溝に設置された「グレーチング」7枚、5万6000円相当を盗んだ疑いが持たれています。

警察の捜査で、永井容疑者の自宅に停めてあった車の後部座席から、盗んだグレーチング7枚ともう1枚のあわせて8枚が見つかり、逮捕に至りました。

永井容疑者は「売って生活費にするために盗んだ」と容疑を認めています。津市内では8月以降、グレーチングが盗まれる被害が相次いでいて、警察は余罪を追及する方針です。

(最終更新:2018/10/15 00:37)
東海テレビ
http://tokai-tv.com/tokainews/article.php?i=65295&date=20181014

経済


1: 孤高の旅人 ★ 2018/10/15(月) 01:01:14.43 ID:CAP_USER9
 深刻な人手不足を背景にした国内の企業倒産が件数・負債総額ともに過去最多ペースで増加していることが14日、分かった。今年1~9月の合計は299件に上り、10月中にも平成29年の年間水準(317件)を上回りそうだ。従業員が確保できず事業継続が困難になったり、社員を引き留めるため賃金を無理に引き上げたことで収支が悪化したりしたケースが目立つ。
東京商工リサーチによると1~9月の人手不足倒産は負債総額で417億円。この勢いで増えれば件数は400件前後、負債総額も550億円前後まで伸びそうだ。人手不足問題の表面化を受け集計を始めた25年以降、ピークは件数が340件(27年)、負債総額が541億円(25年)で、更新が視野に入った。倒産理由でみると、従業員が集まらない求人難型が前年同期比48.1%増の40件と大きく増え、29年の年間水準(35件)を既に上回った。太陽光発電システム設計・設置の「JINテクニカル」(東京都、負債額2億3000万円)は工事需要が増加したにもかかわらず人手不足で対応できなくなり、事業継続を断念した。
人件費高騰型も41.6%増の17件で増加が目立つ。トラック運送の「誠梱包(こんぽう)運輸」(神奈川県、1億2200万円)は、ドライバー不足を背景に人件費が上昇し、資金繰りが逼迫(ひっぱく)した。以下はソース元で

【独自】人手不足倒産が過去最多ペース 月内にも前年水準超え
2018.10.14 23:05
https://www.sankei.com/economy/news/181014/ecn1810140009-n1.html

IT


1: @くコ:彡 ★ 2018/10/14(日) 12:58:18.80 ID:CAP_USER9
・アマゾン、女性差別があったため、人事を決める際にAIの使用を中止へ

米アマゾン社は、人工知能(AI)が女性を差別したため、人事を決める際にAIを使用するのをやめる。ロイター通信が報じた。

ロイター通信によると、AIは、10年間で雇用された職員の業務内容を分析し、そこから得た情報をもとに、役職に最も適した候補者を選出しなければならなかった。

グーグル、米国防総省の100億ドル相当のクラウド技術開発の契約入札に参加せず
しかし専門家らは、AIが男性候補者を優先したことに気づいた。

アマゾンは、AIが職員の業務内容を分析した際に女性職員が少なかったため、AIは独自に男性職員を「好む」結論を下したと考えている。

・Amazon scraps secret AI recruiting tool that showed bias against women
https://www.reuters.com/article/us-amazon-com-jobs-automation-insight/amazon-scraps-secret-ai-recruiting-tool-that-showed-bias-against-women-idUSKCN1MK08G

(イメージ画像)
https://cdn1.img.jp.sputniknews.com/images/545/60/5456015.jpg
2018年10月14日 11:26 スプートニク日本
https://sptnkne.ws/jKEF

国内


1: ガーディス ★ 2018/10/13(土) 16:46:33.06 ID:CAP_USER9
西日本高速道路の近畿の一部路線で今年4~9月、ETC(自動料金収受システム)搭載車の利用者から、通行料を二重徴収するミスが少なくとも196件起きていたことがわかった。

高速道路上にある一般用料金所を通ったETC利用者から、現金でも通行料を受け取っていた。システム上の不備が原因で、今も二重徴収が発生しているが、同社は申告があった利用者にしか返金せず、公表していない。

西日本高速によると、二重徴収が発覚したのは、西名阪道(93件)、南阪奈道(62件)、阪和道(7件)、近畿道(33件)、堺泉北道(1件)の5路線。いずれも高速上に料金所がある路線だった。

高速上に料金所を置いている多くの高速道路では、ETC利用者は、〈1〉入り口〈2〉高速上のETC用料金所〈3〉出口――の3か所の情報に基づいて通行料が課金される。現金利用者は、高速上の一般用料金所で現金で支払う。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15439371/