もんもんニュースおすすめの他サイト記事

国内


1: nita ★ 2018/05/23(水) 08:14:19.42 ID:CAP_USER9
 口座開設の際に記入する性別欄について、生まれたときの性と自認する性が一致しないトランスジェンダー(性同一性障害を含む)らが、北洋銀行(札幌市)など道内の銀行に削除を求める要望書を提出した。北洋銀行は「改善について検討したい」としている。

札幌市の男性(27)は、戸籍の性別変更に必要な性適合手術をしていないため戸籍上は女性だが、2017年9月に名前を変更。北洋銀行で自身の口座の名義変更の申請をしようとしたが、書類に性別欄があったため無記入で提出した。その後同行から「不備がある」と連絡があり、店内では人目もあって戸籍の性別を記入せざるを得なかったという。「自分にとっては非常にプライベートなことで、伝えたくなかった」と語る。

別の当事者は、「私は男性・女性どちらの性別にも違和があるので記入したくない」と話す。

要望書を提出した日野由美さん(62)は「運転免許証には性別欄はない。本人確認に性別が必要という固定観念を変えていく必要がある」と強調。北洋銀行広報は「不快な思いをさせてしまい申し訳ない。窓口で配慮をすると共に、今後のあり方について行内で真剣に議論していきたい」とコメントした。

全国銀行協会などによると、犯罪収益移転防止法では、銀行が確認しなければならない本人特定情報は、氏名・住所・生年月日としており、性別に関する規定はない。

行政では札幌市や千歳市などが、転出届▽住民票等証明請求書▽印鑑登録証明書--などの性別欄を削除し、全国の自治体でも取り組みが広がっている。

一方、大手銀行は口座開設手続きに性別欄があり「事情に応じて個別対応する」「空白でも口座の開設は可能」「記入してもらうが、その性別について深く聞くようなことはない」などと、対応は分かれた。

ある銀行関係者は「登録システムに性別欄があり、記入しないと処理ができないところが多い。近年、日本はマネーロンダリング対策の不十分さが指摘され、国際機関の審査も控えている。できるだけ属性の情報を確認するようにしている」と明かす。

須田布美子弁護士は「性別を特定しなくても、銀行として身元確認の義務を尽くすことは可能。本人の特定に必要な情報以上に、苦痛を与えてまで個人情報を書かせることは適切とは言えない」と説明した。【日下部元美】

5/23(水) 8:03配信
毎日新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00000006-mai-soci

経済


1: ニライカナイφ ★ 2018/05/22(火) 23:18:02.13 ID:CAP_USER9
◆「安値で買い叩く」ブックオフ、経営危機に…「ヤフオクのほうが高く売れる」浸透で店に行く意味消失

中古本チェーン最大手のブックオフコーポレーションが、3期連続で最終赤字を計上した。
同社が5月10日に発表した2018年3月期の連結決算は、最終損益が8.8億円の赤字だった。

17年3月期は11.5億円の最終赤字、16年3月期は5.2億円の最終赤字を計上していた。
同社の展開する中古本・中古家電販売店「ブックオフ」は、店舗数が激減している。

10年3月期には1100店以上を展開していたが、18年3月末時点では825店となった。
8年で約300店が減ったかたちだ。

18年3月期も18店純減しており、店舗数減少の流れが止まらない状況にある。

18年3月期は、不採算店の店舗閉鎖損失や早期の黒字化が見込めない大型複合店の減損損失などで12.5億円の特別損失を計上した。

店舗数が減少したこともあって、売上高は前年比1.6%減の800億円だった。
全売上高の9割近くを占めるリユース店舗事業が前年比0.8%減と不調だった。

既存店売上高が前年比で3.5%減ったことが響いた。
客数が6.1%減と激減し、客離れが深刻な状況にある。

リユース店舗事業で主力の中古本販売の不振が顕著となっている。
売上高は前年比で5.3%も減った。

不振の大きな要因としては、本の買い取りの減少が挙げられる。
18年3月期の仕入高は前年比で2.3%減った。

16年3月期が3.5%減、17年3月期が4.9%減と減少が続いている。
仕入高が減っている理由としては、本離れや本の電子書籍化が進んでいることで紙の本の流通が減っていることが挙げられるだろう。

出版科学研究所によると、17年の出版市場は前年比4.2%減の1兆5916億円だった。
電子書籍が16.0%増の2215億円だった一方、紙の本は6.9%減の1兆3701億円で13年連続のマイナスだったという。

このように、紙の本の流通が減っているため、ブックオフの買い取りも苦戦しているといえる。
また、ブックオフ自身の問題もあるだろう。

ブックオフで本を売る場合、1冊の査定額が10円といった“二束三文”の価格を提示されることが少なくない。
もちろん、すべてがそうというわけではないが、高値で売れるのはまれといっていい。

そのため、本を売る人の間で「ブックオフの査定は厳しく、安値で買い叩く」という認識が広がっている。

これは、ブックオフに明確な査定基準が存在するためだろう。

この基準によって、極端に高額な査定が算出されることはほとんどない。
赤字が発生しないようにするためには、買い取り価格を低く設定せざるを得ないという事情もある。

ビジネスジャーナル 2018.05.22

http://biz-journal.jp/2018/05/post_23412.html

※続きます