もんもんニュースおすすめの他サイト記事

IT


1: スージハルワ ★ 2018/08/02(木) 15:13:23.95 ID:CAP_USER9
 テレビ番組を動画投稿サイトのユーチューブに無断でアップロードしたとして、埼玉県警は2日、千葉県や愛知県に住む男5人を著作権法違反の疑いで書類送検したと発表した。いずれも動画閲覧による広告収入目当てだったと供述しているという。

サイバー犯罪対策課によると、書類送検されたのは17~48歳の高校生、作業療法士や会社員など5人。それぞれ昨年11月~今年1月、テレビ朝日や日本テレビの番組など計24本を無断でユーチューブにアップロードし、公開した疑いがある。

動画は多いもので約30万回視聴された。5人中4人は、今回違法に公開した動画以外の分も含めた広告収入として、ユーチューブ側から約6万~333万円を受け取り、生活費などにあてたという。県警が昨年末、日本民間放送連盟から相談を受け捜査していた。(釆沢嘉高)

https://www.asahi.com/sp/articles/ASL823GPXL82UTNB004.html

国内


1: ばーど ★ 2018/08/01(水) 20:29:32.17 ID:CAP_USER9
 商品などの過剰な広告・宣伝で消費者を誤認させる不当表示が相次いでいる。消費者庁が昨年度、景品表示法違反で措置命令を出したのは過去最多の50件に達し、課徴金の納付を命じたケースも19件あった。今年度の措置命令も既に17件に上る。大手企業が違反するケースも目立ち、同庁は監視を強めている。

◆消費者庁が調査

<飲んだ瞬間から体重減少が開始>。インターネット通販会社「ブレインハーツ」(大阪)は、そんな宣伝文句でサプリメントやお茶などをネットで販売。2016年11月~今年4月に約7億円を売り上げていた。

ところが、実際にはダイエット効果はなく、消費者庁は今年6月、商品などのサービスの品質を実際よりも良く見せかける宣伝をしたとして、同社に同法違反(優良誤認など)で措置命令を出し、課徴金2229万円の納付も命じた。

no title

(ここまで356文字 / 残り1175文字)

2018年08月01日 18時37分
YOMIURI ONLINE
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180801-OYT1T50062.html