もんもんニュースおすすめの他サイト記事

国内


1: ガーディス ★ 2018/10/12(金) 11:51:26.64 ID:CAP_USER9
 16歳の女子高生を待ち伏せし、張り紙などをしたストーカー規制法違反容疑で9日、兵庫県警加古川署に再逮捕されたのは、無職の東達美容疑者(66=同県明石市)。

東は8月下旬、兵庫県加古郡内の路上で、自転車で帰宅中だった女子高生に道を聞くフリをして乗っていた原付バイクを降りて話しかけた。

女子高生から年齢や下の名前を聞き出し、みだらな言葉をかけた疑いがある。

それを聞いた女子高生は「ヘンなおじさんだ」と怖くなり、その場から立ち去った。

しかし、9月2、3日に同じ場所で女子高生を待ち伏せ、女子高生が現れなかったと見るや、同14日には、しびれを切らして張り紙を作り、周囲の電柱十数本に張り付けた。

捜査事情通は話す。

「張り紙はA4サイズの紙を4枚張り合わせてA2サイズにしとった。そこには、『○○ちゃん(女子高生の下の名前)へ。この前、道で話したバイクに乗って、メガネをかけ、タンクトップを着ていた者です。連絡を取れたらうれしいです』という文言とともに、携帯番号が書かれとった。張り紙を見た女子高生が怖くなって警察に相談し、防犯カメラの映像から東が浮上。9月18日に県迷惑防止条例違反で逮捕されてたんや。一人モンのようやからさみしかったんかもしれんが、異常な粘着ぶりやで。相手にとっては迷惑な話や」

東は容疑を認めているというが、一目惚れというには、やることがキモすぎる。

https://netallica.yahoo.co.jp/news/20181012-52906155-a_aaac

国際


1: ばーど ★ 2018/10/12(金) 07:02:48.89 ID:CAP_USER9
中国西部の新疆ウイグル自治区で、過激思想の影響を受けた人物を再教育するとした施設の設置を可能にする条例が制定されました。国際的な人権団体からは、少数民族のウイグル族を大勢拘束している施設を正当化しようとする動きではないかと警戒する声が上がっています。

中国西部の新疆ウイグル自治区には、イスラム教を信仰する少数民族のウイグル族が多く住んでいます。

地元政府は、宗教の過激化を防ぐためとして、過激思想の宣伝を禁止し、違法な宗教活動を取り締まることなどを定めた条例を去年から施行しています。

この条例が11日までに改正され、過激思想の影響を受けた人物に再教育を行い、社会復帰を支えるとした「職業技能教育訓練センター」を設置することを可能にする新たな規定が設けられました。

アメリカ政府は、ウイグル族がテロ対策などを名目に不当に拘束されていて、その数は数十万人にも上ると指摘していますが、中国政府は、法に基づく治安対策をわい曲し、中傷するものだなどと反論しています。

今回の条例改正について、国際的な人権団体からは、ウイグル族を収容する施設に法的な根拠を与え、正当化しようとする動きではないかと警戒する声が上がっています。

■中国外務省 米議会委員会の非難に反発

中国外務省の陸慷報道官は、中国政府のウイグル族への対応をめぐるアメリカ議会の委員会の非難について、11日の記者会見で、「うそや事実でない批判が絶えずねつ造されていて、われわれは断固として反対する」と反発しました。

そのうえで、「過激な思想を予防して取り除く措置は、社会の安定を守るために有益だ」などと述べ、新疆ウイグル自治区における中国当局の対応は正当だと改めて主張しました。

2018年10月11日 19時18分
NHK NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181011/k10011667601000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004

国内


1: ばーど ★ 2018/10/11(木) 17:16:45.29 ID:CAP_USER9
新潟市民病院(同市中央区)の20代の女性看護師が患者を平手でたたいたとして、市は11日、この看護師を減給の懲戒処分にした。

市民病院によると、看護師は7月下旬、入院中の患者に薬を与えている際に唾を吐きかけられたため、頬を平手で1回たたいた。

同僚が目撃していた。看護師は病院の調査に「感情的になってしまった。申し訳ないことをした」と話したという。病院管理課は「患者に謝罪した。再発防止を徹底する」としている。

2018.10.11 16:22
産経ニュース
http://www.sankei.com/affairs/news/181011/afr1810110023-n1.html