もんもんニュースおすすめの他サイト記事

国内


1: 茗荷 ★ 2019/01/15(火) 21:46:44.25 ID:DDD9Xtyh9
NHKは15日、2019年度の予算案と事業計画を発表した。事業収入は前年度比1.1%増の7247億円、事業支出は同2.1%増の7277億円で、9年ぶりの赤字予算となった。来年度秋以降、順次実施される受信料値下げ(受信料収入の約4.5%相当)の影響。収支の差額30億円は、財政安定のための繰越金で補う。

事業収入の大部分を占める受信料収入は、17年に最高裁大法廷が受信料制度を合憲とする初判断を示した後、契約件数が増加しているが、値下げによる減収分を勘案し、同0・5%増の7032億円を見込む。事業支出は、昨年末に実用放送が始まった4K・8Kの衛星放送や地域放送の充実などに充てる。
NHKによると、20年度は赤字が215億円に拡大する見込みだ。赤字は19年度から4年間続き、黒字転換は23年度以降という。
NHKは今年10月、予定される消費増税の2%分、受信料を据え置き、20年10月に2.5%分を値下げする。現在の受信料は地上契約が月額1260円、衛星契約が同2230円(ともに口座振替、クレジットカード払い)だが、20年10月の値下げ後はそれぞれ同1225円、同2170円になる。【屋代尚則】

2019年1月15日 21時25分(最終更新 1月15日 21時32分)
https://mainichi.jp/articles/20190115/k00/00m/040/224000c

国内


1: ばーど ★ 2019/01/11(金) 09:02:54.76 ID:gntmZylo9
来月の節分に向けて「恵方巻」の販売が本格化するのを前に、農林水産省は、売れ残った「恵方巻」が大量に廃棄される問題が話題となったことなどから、コンビニエンスストアやスーパーの業界団体に対し、需要に見合った販売をするよう初めて文書で通知することになりました。

「恵方巻」は、節分の日にその年、縁起がいい方角「恵方」に向かって食べると福が訪れるとされ、クリスマスのケーキやバレンタインデーのチョコレートなどと同様に、スーパーやコンビニなどでは、最近、毎年この時期に合わせて、「恵方巻」の販売を大々的に展開するようになりました。

しかし、売れ残った「恵方巻」が大量に廃棄される問題がSNSで話題となるなど、過熱する販売競争に懸念も出ています。

このため農林水産省は、恵方巻の販売が本格化するのを控えて、スーパーやコンビニエンスストアなどが加盟する7つの業界団体に対し、消費者の需要に見合う販売を行って、食品の廃棄を減らすよう求める文書を通知することになりました。

文書の中では、恵方巻の大量生産をやめる方針を消費者にチラシで理解を呼びかけて、廃棄量を削減した兵庫県内のスーパーの事例も紹介されています。

農林水産省が、恵方巻の廃棄をめぐってこうした文書を出すのは初めてです。農林水産省は「少しでも食品廃棄物を減らして、環境に優しい取り組みを企業に求めたい」としています。

2019年1月11日 4時43分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190111/k10011774101000.html

国内


1: 記憶たどり。 ★ 2019/01/08(火) 13:05:49.90 ID:Txug7uDb9

結婚することについて「必ずしも必要はない」と考える人の割合が7割近くに上り、この25年間で最も高くなったことが、NHKの調査で分かりました。

NHKは国民の意識の変化を探る「日本人の意識」調査を、昭和48年から5年ごとに行っています。

最新の調査は去年6月から7月にかけて、全国の16歳以上の5400人を対象に個人面接法で実施し、50.9%にあたる2751人から回答を得ました。

この中で、結婚についての考え方を尋ねたところ「必ずしも結婚する必要はない」と答えた人は68%、「人は結婚するのが当たり前だ」と答えた人は27%でした。

「必ずしも必要はない」と答えた人の割合は、この質問を始めた平成5年以降増え続け、今回は前回の調査より5ポイント増加して、これまでで最も高くなりました。

年代別にみますと「必ずしも結婚する必要はない」と答えた人の割合は30代が最も高く88%に上った一方で、最も低いのは70歳以上で、43%でした。

また、結婚と子どもに関する質問では「結婚しても、必ずしも子どもをもたなくてよい」と答えた人が60%、「結婚したら、子どもをもつのが当たり前だ」と答えた人が33%でした。

日本人の結婚観に詳しい横浜国立大学の江原由美子教授は「結婚したくない人や結婚に否定的な人がすごく増えているということではなく、いい人がいれば結婚するという考え方はまだ大多数だと思う。好きなライフスタイルをそれぞれ自由に選んでいいという考え方が広がった結果ではないか」と話しています。

国内


1: 記憶たどり。 ★ 2019/01/08(火) 05:13:37.92 ID:X6zxCjV19

子どものお小遣いやお年玉にも「キャッシュレス」が広がりつつある。手軽さに加え、
子どもが何に使ったか確認できる点が保護者に人気だという。その反面、
金銭感覚が身につきにくくなったり、不正利用されたりする恐れもあり、
専門家は「キャッシュレス時代に合わせた金銭教育が必要」と指摘する。

◆スマホに

「お年玉入れといたよ。使いすぎたらあかんよ」

兵庫県三田市の主婦(29)は今年の正月、「LINE(ライン) Pay(ペイ)」を使って
小学1年の長女(7)のスマートフォンにお年玉2000円を送った。
小学校入学を機にスマホを買い与え、月500円のお小遣いもスマホに渡しているという。

ラインペイは無料通話アプリ「ライン」の利用者向け無料送金サービス。
コンビニや銀行で入金(チャージ)しておくと、利用者間で送金したり、
対応店舗で買い物したりできる。お金のやり取りは、スマホに表示させた
バーコードを読み取るなどして行う。

子どもの同意があれば、アプリ上で利用履歴を確認でき、主婦は
「使いすぎれば叱るようにしている」という。
長女も「お店でスマホを見せるだけなので簡単」と使いこなしている。

国内


1: ガーディス ★ 2019/01/06(日) 06:20:04.99 ID:CAP_USER9
人気特撮シリーズ「仮面ライダージオウ」のフィギュアをコンビニで盗み、声掛けした店長を車でひいて軽傷を負わせたとして、兵庫県警生田署は5日、強盗致傷の疑いで、神戸市垂水区に住む会社員の男(48)を緊急逮捕した。
逮捕容疑は同日午後0時15分ごろ~35分ごろ、同市中央区元町通3のローソン中突堤本通店で、くじ景品の人形が入った箱を盗んだ上、被害に気付いた男性店長(36)の声掛けを無視して車を発進させ、右足ねんざなど全治2週間のけがを負わせた疑い。同署の調べに対し、容疑を認めているという。

同署によると、盗まれた景品はくじの1等の景品で、男は「孫のために盗んだ」などと供述しているという。

https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201901/sp/0011956126.shtml

国内


1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/02(水) 00:11:26.00 ID:CAP_USER9
ヨドバシカメラの各店舗で、福袋を求めて前夜から行列を作る様子の動画が、ツイッター上に複数投稿されている。

ヨドバシの福袋はお得だと評判になっており、客同士で小競り合いも起きるほどの過熱ぶりだ。メルカリでは、早速福袋そのものが転売されていた。

外国人が多かったといい、中国語が飛び交う
「下がらないとダメだよ!」「ちょっと、1列に!」。店舗前で、店員や客らの怒号が響く。
福袋が売り出された2019年1月1日の前日夜、早くも長い行列ができていた。

客が別の客を突き飛ばし、もみ合いも起きた。割り込みを巡ってトラブルになったといい、「止めて下さい! ケンカは」と店員らが制止に入るが…。

こんな動画がツイッター上で投稿され、その過熱ぶりに驚く声が上がっている。

ヨドバシでは毎年、お得な家電商品などを詰めた「夢のお年玉箱」を各店舗で販売している。
公式通販サイトでは、すでに抽選で45種類ほどの商品を販売したが、かなり高い倍率のもあったといい、入手が困難だった模様だ。

店頭でも、同様な福袋を1日朝から販売したところ、東京都内のマルチメディアAkiba店などで前日から客が並ぶ騒ぎになった。
ツイッター上の情報によると、外国人が多かったといい、中国語などが飛び交っていた。

少しでも前に出ようとする人も相次いだため、ある店舗では店員が自販機の上に乗って呼びかけるシーンもあった。
大勢の人が並んだため、各店では開店前に整理券の配布に追われていたともいう。

メルカリではさっそく転売も

福袋の商品は、パソコンやカメラ、タブレット、ゲーム機などだ。

パソコンの福袋「サーフェス Proの夢 i5」8万円、カメラの福袋「高倍率ズームデジカメの夢」3万円などが人気だったといい、各店舗では、販売開始から次々に売れ切れていた。

メルカリでは、こうした商品が何割か上乗せされた価格で、早速転売されていた。

ヨドバシカメラの広報担当者に1月1日、J-CASTニュースが取材しようとしたが、出勤は4日からとのことだった。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

http://news.livedoor.com/article/detail/15819285/
2019年1月1日 16時29分 J-CASTニュース

 

国内


1: ばーど ★ 2018/12/27(木) 21:02:20.08 ID:CAP_USER9
 名古屋市南区のコンビニエンスストアで27日午前、お釣りの紙幣を渡されないと勘違いした客の男が店員の女性に土下座させようとしたとして、逮捕されました。

逮捕されたのは名古屋市南区に住む47歳で無職の男です。

男は、27日午前9時半ごろ、買い物に訪れた名古屋市南区のコンビニで店員の女性(31)に土下座をさせようとした疑いが持たれています。

警察によりますと男は、数百円分の買い物を1万円札で支払いましたが、店員がお釣りを渡す際、紙幣より先に小銭を渡したことに腹を立て、「殺すぞ、土下座しろ」などと脅して土下座させようとしたということです。

男が「1万円札で支払いしたが小銭しか渡されない」などと自ら警察に通報しましたが、駆け付けた警察官が事情を聞いたところ、店員にはお釣りを渡す意思があったことや、土下座をさせられそうになったことがわかり、男を現行犯逮捕しました。

調べに対し男は、「釣り銭の紙幣を渡してくれないと思った」と容疑を認めています。

(最終更新:2018/12/27 19:58)
東海テレビ
http://tokai-tv.com/tokainews/article.php?i=71243&date=20181227

国内


1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/26(水) 19:42:38.84 ID:CAP_USER9
放火の疑いで逮捕された男は「生活保護を打ち切られ、どうでもよくなった」と話しています。

畑中勇希容疑者(27)は24日午前、福岡県大野城市の自宅アパートの部屋に火を放ち、2部屋を全焼させた疑いが持たれています。
当時、アパートの住人は全員外出中でけが人はいませんでした。
畑中容疑者は、調べに対して「生活保護を打ち切られて生活ができなくなり、もうどうでもいいと思った」と供述しています。

http://news.livedoor.com/article/detail/15795835/
2018年12月26日 18時44分 テレ朝news

国内


1: Toy Soldiers ★ 2018/12/25(火) 21:45:20.55 ID:CAP_USER9

鮫島浩(@SamejimaH)さんがツイートしました:

安倍政権は数々の嘘を重ねてきた。不都合な事実は隠蔽し改竄までしてきた。
御用記者を使った印象操作も日常茶飯事だ。
防衛省はイラク日報を隠していた。
レーダー照射を鵜呑みにしろという方が無理だ。
度重なる悪行でとっくに信用を失っていることをまずは自覚すべきだろう。

国内


1: 豆次郎 ★ 2018/12/24(月) 21:09:38.64 ID:CAP_USER9
木製ストローは、プラごみ問題の救世主となるか 他の代替品に勝るメリット

海洋汚染の原因になるとされるプラスチックごみ。その削減のため、やり玉に挙げられているのが使い捨てストローだ。世界的に廃止の動きが進む中、日本でも取り組みが急務となっている。

そんな中で注目を集めるのが、国内の企業が進める「木製ストロー」の導入だ。果たしてその特徴とは。

■間伐材を使って一石二鳥

今回の取り組みは、木造注文住宅メーカーの「アキュラホーム」(東京都新宿区)と「ザ・キャピトルホテル東急」(東京都千代田区)によるもの。間伐材など国産材を利用した木製ストローを開発し、2019年1月16日から同ホテルで試験導入する。両社によると、木製のストローを量産し、ホテルなど商業施設で導入するのは世界で初めてという。

この木製ストローは、アキュラホームが木造建築の技術を生かして開発。同ホテルは3階のラウンジ「ORIGAMI」で木製ストローの提供を開始し、4月までに館内すべてのレストランとバーでプラスチック製ストローの廃止を目指すという。

森林保全のために必要な間引き(間伐)。そこで生じる間伐材の再利用は、これまた大きな課題になってきた。アキュラホームはその間伐材を厚さ約0.15ミリにスライスし、管状に巻き上げてストローにした。手に取ると、カンナで削った薄い木片をストローにした印象で、明らかにプラスチック製と質感が違う。

木製ストローは、環境ジャーナリストの竹田有里氏が2018年7月の西日本豪雨の被災地を取材した際、「甚大な被害の要因の一つは間伐など適切な森林管理が行なわれていないこと。間伐材の用途は限られるが、木材ストローを広めることで災害防止など持続的な森林経営の一助になる」と考えたのがきっかけという。

紙製ストローと比べた強みと弱み

プラスチック製ストローは「スターバックス」や「マクドナルド」、「すかいらーくホールディングス」などが廃止する方針を明らかにしている。プラスチックの代替としては紙製ストローが注目されているが、こちらは飲み物の中でふやけやすいのが難点だ。

木製ストローは液体に長時間つけてもふやけない。気になるのは「木の香り」だが、こちらは無臭にすることも可能で、逆に香りを残すこともできるという。

課題はコストで、プラスチック製が1本当たり0.5円程度、紙製が数円程度に対し、木製は数十円程度かかる。現時点では割高だ。とはいえ、プラスチックに比べれば高級感があり、話題性もある。同ホテルでは年間8万本のストローを使うといい、他の大手ホテルや高級レストランなどでも木製ストローが普及すれば、将来的にコストダウンが可能という。

林野庁によると、間伐は森林の育成に必要だが、これまで間伐材の有効活用が課題だった。木製ストローは使い捨てが前提だが、間伐材を利用することで、森林保全と環境保護に一役買いそうだ。

12/23(日) 21:00配信 
J-CASTニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181223-00000007-jct-bus_all