もんもんニュースおすすめの他サイト記事

国内


1: ヒャッハー@ガーディス ★ 2018/03/31(土) 14:04:03.02 ID:CAP_USER9
 ブタなどの動物の体内で人の臓器を作る研究について、文部科学省の専門委員会は30日、人の細胞が混じった動物の胚(受精卵)を動物の子宮に戻し、出産まで認める報告書をまとめた。

今後、指針を改正し、今秋にも研究が解禁される見通し。

動物の体内で人の臓器を作る場合、特定の臓器だけできないように遺伝子改変した動物の胚に、人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を入れ、子宮に戻して出産させる手法が考えられている。日本の現行指針では、こうした胚を子宮に戻すことを禁じている。

報告書では、この研究が移植用臓器の確保や病気のメカニズムの解明、新たな治療法の開発につながる可能性があると指摘。研究が容認されている米英などの状況を踏まえ、人の細胞を入れた動物の胚を子宮に戻し、出産まで認めるのが適当とした。

http://sp.yomiuri.co.jp/science/20180330-OYT1T50116.html

国内


1: ガーディス ★ 2018/03/30(金) 22:18:59.52 ID:CAP_USER9
 岐阜県瑞穂市は30日、同僚の女性に「愛してる」といった内容のメールを繰り返し送るなどのセクハラ行為をしたとして、市民部の40代の男性総括課長補佐を停職3カ月の懲戒処分とし、上司の監督責任を問い、市民部の部長ら5人を文書による厳重注意処分とした。

市によると、補佐は2014年3月から18年2月、女性数人に「愛してる」「天使のようです」など計45通のメールを送り、強い不快感や精神的苦痛を与えた。「自分に好意があると勘違いした」と説明している。棚橋敏明市長は「職員1人1人の意識向上を図る」とのコメントを出した。(共同)

https://www.nikkansports.com/m/general/news/201803300000842_m.html?mode=all

国内


1: ばーど ★ 2018/03/30(金) 18:27:08.73 ID:CAP_USER9

去年、東名高速で起きたあおり運転事故をめぐり、「容疑者の父親」などとのデマがネット上に流れた問題で、警察が拡散に関与したとみられる11人を特定したことがわかりました。

去年6月の東名夫婦死亡事故では、福岡県中間市の石橋和歩被告(26)が、危険運転致死傷罪で起訴されています。

この事件をめぐり、被告とは全く関係のない北九州市の石橋建設工業の男性社長について、「石橋被告の父親だ」といううその情報がインターネットで拡散され、嫌がらせの電話が殺到した事務所は一時閉鎖。警察は去年12月、名誉毀損容疑で捜査に着手し、30日までにデマの拡散に関与した疑いのある11人を特定したということです。

「いろんな方に迷惑をかけたので、損害賠償を含めて考えていきたい」(石橋建設工業 石橋秀文社長)

被害者の男性社長は30日、この11人を名誉毀損容疑で刑事告訴していて、警察は容疑が固まりしだい、立件する方針です。

3月30日
TBSニュース
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3330342.html

国内


1: 水星虫 ★ 2018/03/30(金) 09:17:54.92 ID:CAP_USER9

だんごで窒息 会社に賠償命じる

4年前、四国中央市の老人ホームで、当時89歳の女性が白玉だんごをのどにつまらせ窒息したのは、
施設側の注意不足が原因だとして女性の家族が損害賠償を求めた裁判で、
松山地方裁判所は、施設を運営する会社に2250万円余りの支払いを命じました。

4年前の平成26年8月、四国中央市の老人ホームを利用していた当時89歳の女性が、
別の利用者に出す予定の白玉だんごを食べ、のどにつまらせて窒息し、
低酸素脳症などを発症しておよそ9か月後に死亡しました。

女性の家族3人は、施設側が注意を怠ったことが窒息の原因だとして、
施設を運営する松山市の有限会社「ほくと」に対し、4080万円余りの損害賠償を求める訴えを起こしました。

28日の判決で、松山地方裁判所の西理香裁判長は、
「女性は認知症であるうえ、背中が丸まった状態で、粘着性と弾力性があるだんごを
口に入れればのどにつまらせて窒息することは予見できた。
女性の手が届く範囲にだんごを置かないなど、注意義務を怠っていた」
と指摘しました。
一方で、
「女性のほかの施設での食事内容や介護の状況が関係者から詳しく伝わっていれば、
事故を防ぐことができた可能性もある」
として、施設側の過失割合を7割と認定し、運営会社に
あわせて2250万円余りを支払うよう命じました。

判決について運営会社は、「コメントはありません」としています。

03/29 19:23 NHK
http://www3.nhk.or.jp/lnews/matsuyama/20180329/8000000699.html

国内


1: nita ★ 2018/03/30(金) 08:42:17.52 ID:CAP_USER9

 弁護士や有識者らでつくる生活保護問題対策全国会議は二十九日、厚生労働省で高木美智代厚労副大臣と面会し、十月からの生活保護引き下げの撤回などを求める要望書を提出した。

政府は、生活保護のうち食費などの生活費に充てる「生活扶助」を、十月から最大5%、段階的に削減する。

生活保護を受給している首都圏のシングルマザーは面会で「支給額が低い中、苦労し知恵を出し一生懸命生活している。しかし今のままでは、子どもを上の学校に行かせる展望はない。貧困の連鎖は防げない」と訴えた。

埼玉県の受給者は、昨年末に実施した電話相談から「冷暖房はもう使えない」「食事を一日一食に減らしている」「これ以上の引き下げは『もう死ね』と言われているみたいだ」と寄せられた声を紹介。支給額見直しの際は当事者から実態を聞くべきだと強調した。

高木氏は生活保護の引き下げについて「客観的なデータに基づいて判断している」と話すにとどめた。

要望書では、政府が提出した生活保護法改正案に盛り込まれている、受給者が医療機関で薬を処方してもらう際、後発医薬品の使用を原則とする条文の削除も求めた。 (上坂修子)

2018年3月30日 朝刊

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201803/CK2018033002000140.html

国内


1: たんぽぽ ★ 2018/03/29(木) 19:58:39.26 ID:CAP_USER9
 兵庫県警垂水署は29日、強制わいせつの疑いで、加古川市の無職の男(69)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は同日午後1時ごろ、神戸市垂水区の温泉施設で、大浴場で湯につかっていた、同区内の会社員男性(26)の陰部を触った疑い。同署の調べに、容疑を認めているという。

同署によると、男性は入浴中に目をつぶっており、男が近づいてくるのに気が付かなかったが、触られた直後に浴室内で男を取り押さえたという。

https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201803/0011113776.shtml

国内


1: 記憶たどり。 ★ 2018/03/29(木) 09:41:52.47 ID:CAP_USER9
エスカレーターの利用マナーについて考えた西日本新聞の記事(3月9日付朝刊)に、多くの反響が寄せられている。
利用者が左側1列に並び、空いた右側を急ぐ人が通る「片側空け」に賛否の声が上がる中、障害があって右側の
ベルトしかつかめない男性は「左側に立てない人がいることを知ってほしい」と訴える。記事は、地下鉄などのエスカレーターで片側空けがマナーとして定着した歴史的経緯や現状を報告。
転倒事故につながる恐れがあり、鉄道各社は歩行禁止や2列乗りを呼び掛けている。

それでも、片側空けはマナーとして正しいと信じている人が多いようだ。「娘が2列で乗ったら、知らないおばちゃんに怒鳴られた」
「子どもに『右側は歩く人のために空けるのがマナー』と諭す女性がいた」などの声が相次いだ。

一方で「2列乗りで隣に他人が立つとびっくりする人もいるし、男性の隣に立ちたくない女性もいる」と、
別の視点から片側空けに理解を示す声もあった。

脳梗塞を患い、左半身がまひしている福岡市博多区の男性(66)は、左手を自由に使えないという。
エスカレーターに乗る際には右手でベルトを持つため、右側に立つ。ところが、空いている左側から追い越されることもある。
「左手が触れることもあり、危険を感じる。急ぐ人は階段を使ってほしい」と語る。

福岡県太宰府市の主婦(53)は無料通信アプリLINE(ライン)でメッセージを寄せてくれた。
「全員が(スペースを)詰めて2列に、と極端に規制せず、臨機応変にお願いしたい。
とにかく『2列で乗ってもマナー違反でない』という考えが浸透してほしい」

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/anatoku/article/404492/

 

国内, 科学


1: みつを ★ 2018/03/28(水) 23:31:42.70 ID:CAP_USER9

科学的好奇心はとどまるところを知らないようだ。スイスと米国の研究者チームがゴム製のアヒルを湯船に漬けたときの「知られざる真実」を探求し、スイス政府が27日に発表した研究論文によると、湯船に漬けられた樹脂製品はさまざまな細菌や真菌の温床となっていることが明らかになった。

スイス連邦水科学技術研究所(EAWAG)とスイス連邦工科大学チューリヒ校(ETH Zurich)、米イリノイ大学(University of Illinois)の研究チームは、家庭で使用される状況をシミュレーションして、実際に使用されている風呂用玩具と新しい風呂用玩具を使って対象実験を実施。

11週間にわたって一部の玩具はきれいな風呂の湯に漬け、それ以外はせっけんや体液などで汚れている湯に漬け、玩具を切り開いた。すると、実際に使用されている玩具の約60%から、汚れた湯に漬けた玩具のすべてから真菌種が検出された。また、病原性の可能性がある細菌が実験に使用した全玩具の80%から検出されたという。

一番の問題は、玩具の内側に湯がたまりやすいことだが、風呂用玩具は低品質のポリマー材料で作られていることが多く、そうした素材は有機炭素化合物を排出し、細菌コロニーの餌となる。

「入浴中、菌の重要な栄養分となる窒素やリン、その他の菌も、湯船に漬かっている人の体(尿や汗など体液)やそれ以外の汚染物質、パーソナルケア用品などで繁殖する」と論文は指摘している。

では、ゴム製のアヒルは浴槽から追い出してしまう方がいいのだろうか。

微生物学者のフレデリック・ハムズ(Frederik Hammes)氏は、風呂用玩具で使用されるポリマー材料に対する規制を強化すべきだと提言している。

【3月28日 AFP】
http://www.afpbb.com/articles/-/3169028?cx_position=25

国内


1: ばーど ★ 2018/03/27(火) 17:56:02.88 ID:CAP_USER9

テレビ朝日の早河洋会長兼CEO(74)は27日の定例会見で、安倍政権が検討する放送制度改革について「報道を見て『NHK以外は不要』という見出しもあって、民放は不要とも捉えられる。正直、驚いている。これまでの歴史を踏まえた丁寧な議論をお願いしたい」と話した。

政府は放送局の政治的公平などを定めた放送法の規制を撤廃して、インターネット通信の規制と一本化する方針を示している。早河会長は「1953年(昭28)から(民放と)NHKとの二元体制で文化を支えてきた。報道機関としても、公共的役割を担ってきた自負もある」と歴史を説明。「規制を撤廃して目に余る暴力(の放送)や、外国資本の参入による社会不安など、視聴者から拒否反応もあると思う」と話した。

規制が撤廃された場合については、個人的な考えと断った上で「そんなに参入する企業があるのかな。五十数年の歴史で膨大な投資をしてきたし、公共的使命もある。意外に営業費用のかかるビジネスですから」と話した。

2018年3月27日16時2分
日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201803270000492.html

国内


1: ばーど ★ 2018/03/27(火) 15:21:59.46 ID:CAP_USER9

「貸切り予約の25名まだ来ない。死にたい」「人の上に立つ先生がこれは酷いよ」――。埼玉県越谷市にある飲食店の店主が2018年3月26日夜、こんな悲痛な訴えをツイッターに投稿した。

店主の投稿によれば、貸し切りで店を予約していた小学校の教師に、宴会を「ドタキャン」されたというのだ。その一方で、学校側はJ-CASTニュースの取材に対し、そもそも店を予約していた認識はなかったと説明する。いったい、何があったのか。

「先生、これからこれ全部捨てます」

騒動の発端は、越谷市のワインバーの店主が26日20時頃に投稿したツイートにある。19時から店を貸し切りで予約していた25人の客が1人も来ていないとして、「死にたい。電話切ってて繋がらない」と呟いたのだ。

さらに店主は、「ドタキャン絶対許さない」として、貸し切り予約をしていたのは柳之宮小学校(埼玉県八潮市)の教師だったと明らかに。サラダやフルーツなど大量の前菜料理が並ぶ厨房の写真をアップし、

“「先生、これからこれ全部捨てます。 あなた方が軽率な予約をした結果がこれです。人の上に立つ先生がこれは酷いよ」

と訴えた。続くツイートでは、「急激に具合が悪くなって、もう立っていられない」とも報告していた。

こうした投稿はたちまち拡散し、ネット上には柳之宮小学校の教師を批判する投稿が相次ぐ騒ぎに。ツイッターなどには、

“「人として最低。こんな教師に教わる事なんてあるのか?」
「お店の人のこと考えるとほんとまともな人間の仕打ちじゃない」
「道徳を教える側がしっかりしていないのには失望しました」

などの書き込みが数多く寄せられた。

さらに、同校のWikipediaページが一時書き換えられたり、Googleマップの「口コミ」欄にも批判的な投稿が寄せられたりするなど、学校側への批判は加速。いわゆる、炎上騒ぎとなっている。

店主との話し合いはすでに済み、直接謝罪も予定

ワインバー店主に名指しで批判された柳之宮小学校の男性教頭は27日昼、J-CASTニュースの取材に対し、

“「お店との連絡にミスというか、行き違いがありました。こちらとしては、日程の確認をしただけで、正式に予約を入れたつもりはありませんでした。ですが、お店の方では、私どもが予約をしたという認識だったようです」

と話す。そのため、同校の教師らは26日夜、件のワインバーではなく別の飲食店で年度末の納会を開いていたという。

その上で教頭は、「いずれにしろ、結果としてお店にご迷惑をおかけしたのは事実」だとして、貸し切り分の料金全額を店に支払う予定だと説明。25人分の予約で、総額は約10万円。

すでに、店主との話し合いは済んでいるという。ただ教頭は、27日中にも店を訪問する予定だとして、「直接、店主に謝罪をさせて頂くつもりです」としていた。

なお、当の店主は学校側の「ドタキャン」を訴えた一連の投稿をすでに削除している。その上で、27日昼のツイートでは、

“「色々波紋を呼んでいますが、すでに当事者間の話し合いが進んでいるので、今後この件の話題には一切触れません」としていた。

2018/3/27 14:08
J-CASTニュース
https://www.j-cast.com/2018/03/27324616.html?p=all