もんもんニュースおすすめの他サイト記事

国内


1: 記憶たどり。 ★ 2018/05/15(火) 10:17:11.05 ID:CAP_USER9
いじめ問題の背後に「スクールカースト」と呼ばれる子ども社会があるという。クラス内の立ち位置を
序列、階層化する傾向だ。九州北部の住宅街にある小学校。5年生の担任をしていた教員(40代)は、
いじめをテーマにした授業後、ある女子児童が書いてきた感想文でその現実の一端を知った。
「女子は1軍、2軍、3軍に分かれている」 (文中いずれも仮名)

■1軍は流行に敏感でオシャレなグループ

感想文を書いたキョウコによると、1軍は流行に敏感でオシャレなグループ。まじめで勉強ができるのが2軍。
いずれにも疎いのが3軍で、キョウコは3軍。1軍トップがアオイなのだという。
アオイは快活で、ファッションセンスも目を引く。そのクラスが始まった3年前の1学期、アオイが中心となったいじめが表面化した。
級友同士の「力関係」が形成されていく6月だった。

■いわれのない中傷を先導

クラスには、鼻水をよくティッシュで拭くタケルがいた。「ばい菌」「食べ方が変」。いわれのない中傷を先導したのがアオイ。
周りの女子も同調して掃除中、誰もタケルの机に触らない。
タケルは不登校になった。
いじめに気付いた担任は、いじめの4層構造(被害者、加害者、観衆、傍観者)を説明したうえで、被害者の苦しみやつらさ、加害と傍観の罪を諭した。
授業では、架空のこんな事例でも話し合った。

■「泣いているところを見ていると、面白い」

〈「カンニングをした」とうわさされたAが孤立。学級会でBが問題提起すると、今度はリーダー格のCが中心となり、Bが無視されるようになった〉
「どうしてBは無視されないといけないの?」。担任の問い掛けに、女子たちは互いの顔色をうかがい、なかなか意見を出さなかったが、
1人の発言を機に発言が続いた。
「Cがリーダーなので、他の子は逆らえなくなっている」
「無視されると怖い」
「それって女子の遊びやん。いつもしてるやん」
「泣いているところを見ていると、面白いやん」
担任は放課後、「面白い」と発言したユイと話した。「からかうと反応が面白い」とユイは言う。担任が「自分がそうなったら?」と聞くと「そりゃ、つらいよ」。

■「まるで江戸時代の身分制だな」

この授業後、キョウコは感想文に「スクールカースト」の息苦しさをつづった。「まるで江戸時代の身分制だな」と担任は思う。勉強ができるユイは2軍なのだという。
でも実は、アオイも悩んでいた。障害のある姉に、母がかかりっきりになっていた。
「私の言うことを聞いてくれない」。アオイは友人同士のラインに「死にたい」と書き込み、授業中に刃物を手首に当てるしぐさも見せ、ドキッとさせる。

■ささいなことで上下するスクールカースト

担任があらためて話を聞くと、泣きながら「私はいない方がいい」。アオイの状態を伝えると、母親は学校を訪れ、娘を喝した。
「なんしようとか」。アオイの口癖は「お母さんは絶対に分かってくれない」。担任はやるせなかった。
子ども同士の人間関係、家庭の背景も絡み、顕在化するスクールカースト。それは大人が考える勉強や生活態度などではなく、
全く別の物差しが支配するクラス階層だ。
しかもその位置は流動的で、ささいなことで上下する。担任には、人気投票で力関係が決まるアイドルグループの総選挙も投影されているようにも思える。

■「心配させてごめんね」

学年末、担任はアオイから手紙をもらった。「心配させてごめんね」と書いてあった。
アオイはいま、どうしているのだろう。自分に何ができ、何ができなかったのか…。そんなことを考えながら担任はいま、新たなクラスと向き合っている。

◆いじめの4層構造

いじめ問題を研究する森田洋司・大阪市立大名誉教授が1986年に提唱した。被害者、加害者、聴衆、傍観者の外に、保護者や地域の存在があることも
忘れてはならない。4層間の関係は固定されたものではなく、被害者が加害者になったり、いじめをはやし立てる聴衆が被害者に転じたり、
その関係はちょっとしたことで入れ替わる。いじめ対策として、一番外側の傍観者を動かし、いじめ抑止につなげることが有効とされるが、容易ではない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00010000-nishinpc-soci&p=1

国内


1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2018/05/15(火) 06:10:30.81 ID:CAP_USER9
 交通事故の謝罪に訪れた20代の女性に乱暴したとして、三重県津市の42歳の男が逮捕されました。

逮捕されたのは津市一身田平野に住む農業手伝いの中村竜○容疑者(42)です。

中村容疑者は、先月18日、交通事故の謝罪に訪れた津市に住む20代の女性に対し、自宅の駐車場に止めた軽乗用車の中で乱暴した強制性交の疑いがもたれています。

女性はこの日、車を運転中自転車に乗った中村容疑者の中学生の子供と接触事故を起こしていて、中村容疑者は事故につけこみ、「大事にはしたくない。親に迷惑をかけたくないでしょう」などと脅したということです。

調べに対し、中村容疑者は「一方的に主導はしていない」と容疑を否認しています。

yahooニュース(東海テレビ) 5/14(月) 21:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00003391-tokaiv-soci

国内


1: 記憶たどり。 ★ 2018/05/15(火) 04:54:03.05 ID:CAP_USER9
埼玉県の陸上自衛隊朝霞駐屯地は14日、18日間にわたり所属部隊を無断欠勤したとして、
同駐屯地輸送学校所属の男性陸士長(22)を停職18日の懲戒処分にしたと発表した。
陸士長は依願退職する予定。

同駐屯地によると、陸士長は3月18日から翌4月5日までの間、正当な理由がなく無断で欠勤した。
3月18日は休暇だったため、外出届を出して外出。同日午後10時半ごろの帰隊時刻になっても戻らず、
4月5日午後3時ごろに同駐屯地に自ら戻ってきた。

陸士長は2015年に入隊。同駐屯地に寄宿し、同学校で車の輸送などに関する教育を受けていた。
陸士長は「教育が嫌になり、愛知や広島、徳島などをあてもなく旅していた」と話しているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00010010-saitama-l11

国内


1: ティータイム ★ 2018/05/14(月) 11:41:42.67 ID:CAP_USER9
「ベビーカーをご利用になるお客さまは周りのお客さまに配慮し、十分ご注意ください」-。
東武鉄道が県北西部を走行する東武野田線などの電車内で表示するこんな注意喚起が3月末以降、ツイッター上で波紋を広げた。
「配慮すべきは周囲の乗客だ」「横柄な親がいるのは事実」などと議論は白熱。同社は、文言が一方的だったとして変更を検討しているという。

東武鉄道によると、注意喚起は東武野田線と東武東上線の一部車両内で、ドアの上にあるディスプレーに表示。東武野田線では2013年から、18編成で導入している。
担当者は、呼び掛け方が偏っていたと認め「駅や車内での配慮は、双方にお願いしてきたつもり」と釈明する。利用者からは賛否、さまざまな意見が寄せられており「改善のため、活用していく」としている。

議論の発端になった投稿をしたのは埼玉県鶴ケ島市の男性(56)。今年3月末、ディスプレーの写真を添え「子連れで移動する人に配慮するのは周りの人であるべきでしょ」などと声を上げた。

男性は、障害者の車いすを押して電車に乗ることがあるといい、取材に「弱い立場の人が萎縮してしまうような状況は良くない」と訴える。

男性のツイートは4月下旬までに1万5千回以上転載された。
「日頃から神経をすり減らしている親が、ますます乗車しづらくなる」などと賛同する意見の一方、「ベビーカーにぶつかられて謝罪もなかった」「席を譲られて当然という態度が悪い」といった反論もあった。

国土交通省などは14年3月、ベビーカーの優先マークを作るなど安全利用や理解促進のためのルールを策定。
交通各社も、優先スペースを車内に設けるなどハード面の整備を進め、車内放送や駅のポスターで相互協力を求めている。東武野田線の対象車両でもベビーカーや車いす利用者のフリースペースが設置されている。

東武鉄道によると、現行の注意喚起を始めたのは11年ごろからという。
宇都宮大の大森宣暁教授(都市交通計画)は
「日本では公共交通機関で優先対象者に席を譲ったり、手助けをしたりする意識が低いが、近年それが変わってきて文言が注目されたのではないか。公共の場所では、全員が周囲に思いやりを持つことが大切だ」としている。

東武鉄道が電車内で表示する注意喚起=3月25日(乗客提供)
no title

千葉日報 2018年5月14日 05:00 | 無料公開
https://www.chibanippo.co.jp/news/national/498311

国内


1: ばーど ★ 2018/05/13(日) 22:30:52.93 ID:CAP_USER9
本紙「よみうり時事川柳」の投句者らでつくる「時事川柳研究会」主催の第35回愛好者大会が12日、選者の長井好弘、片山一弘両編集委員も出席して東京都内で開かれた。

参加者の互選の結果、最優秀作品に、東京都新宿区の公務員藤吉尚之さん(52)の「忖度そんたくをするほど落ちる記憶力」が選ばれた。2位には東京都八王子市の学生寮管理人川上勉さん(68)、3位には埼玉県朝霞市の塾講師佐伯慎一さん(54)の作品が選ばれ、それぞれに読売新聞東京本社からカップが贈られた。

2018年05月12日 20時08分
YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/culture/20180512-OYT1T50117.html

国内


1: スージハルワ ★ 2018/05/13(日) 05:28:09.32 ID:CAP_USER9
 4月から公的医療保険が適用された、心と体の性が一致しない性同一性障害(GID)の人への性別適合手術で、全国で初めて保険適用手術を岡山大病院(岡山市)で受けた当事者が10日、山陽新聞社のインタビューに応じた。治療を終えて「晴れ晴れとした気持ち」と振り返る一方、保険がきく人が限られるなど制度の課題を挙げ「全員が適用されるよう早急に改善してほしい」と訴えた。

当事者は24歳の会社員で兵庫県在住。4月初旬、同病院ジェンダーセンター長の難波祐三郎教授の執刀で、乳房を切除し、女性から男性の体にする手術を受けた。退院後、この日は抜糸で同病院を受診。「乳房がなくなり晴れ晴れとした気持ち。これまで会社の同僚から温泉に誘われても胸を気にして断っていたが、これからはこうした付き合いができる」と笑顔を見せた。

現行の医療保険制度では、保険診療と自由診療の併用を原則禁じているため、自由診療のホルモン療法を受けている当事者の手術費用は全額自己負担となる。

取材に応じた当事者はホルモン療法を受けていなかったため適用されたが「大半の当事者が受けているので、適用されないのはおかしい」と訴える。

法律で性別を変更するには子宮や卵巣、精巣を摘出したり、陰茎を切断したりする手術を受ける必要があり、この当事者も「女性の生殖器を摘出する手術を受け、戸籍の性別を男性とすること」をゴールにしているという。

国際的には性別変更に手術要件を設けていない国が多い中、国内では条件撤廃の是非に関する動きが活発化している。

「私の場合は手術要件に関係なく、そもそも子宮などがあるのが嫌なので摘出したいと考えているが、法律に対する考え方は当事者によって異なると思う。今回の保険適用スタートを機に、さまざまな議論が交わされることを期待したい」と話す。
(2018年05月11日 更新)

http://medica.sanyonews.jp/sp/article/9111

国内


1: スージハルワ ★ 2018/05/13(日) 09:22:45.00 ID:CAP_USER9
 不動産市場は高騰を続ける首都圏の“局地バブル”に踊らされて狂乱状態となっているが、全国を見渡せばタダでも売れない空き家や無価値となったマンションなどが溢れ、その波はジワジワと都市部に押し寄せている。住宅ジャーナリストの榊淳司氏が、そんな歪な不動産の価値観について警鐘を鳴らす。

* * *
今、日本では有史以来の大きな変化が起きようとしている。

従来、日本人が持っていた不動産に対する価値観が崩壊してしまったのだ。それを象徴する現象が「無価値化」。つまり、不動産に価値が見出されなくなった。「タダでも欲しくない」不動産が、日本中で増え続けている。

ネットを見ると「タダでいいからこの不動産をもらってください」という情報をいくらでも見つけることができる。あるいは、ほぼタダ同然の価格で不動産を譲りたいという物件を集めたサイトもある。「空き家 無料」、「家いちば」、「空き家バンク」、「田舎の生活」などのワードで検索すれば容易に見つかるはずだ。

私が見る限り、日本の土地の8割から9割は、ほぼ換金価値がなくなっている。たとえ日本の首都である東京であっても、遠隔の郊外に行けば「100万円でも買い手がつかない」と判断できる古屋を見つけることができる。あと10年もすれば、多摩ニュータウンの老朽マンションも、そういうカテゴリーに入ってくる可能性がある。

そういった不動産も、いちばん高い時には5000万円前後の価格で売買されていたことだってあるのだ。

いったいなぜ、こんなことになってしまったのか?

私たちがよく使う「一生懸命」という言葉は、誤用から生まれた。元々は「一所懸命」なのだ。意味は、「ひとつの不動産を得たら、命をかけても守り抜く」ということ。それが、日本人が持っていた不動産に対する伝統的な価値観だった。

今の40代以上の世代なら思い当たるだろう。これよりも上の世代は、それこそ命をかけてマイホームを獲得しようとした。35年ローンという、今の価値観で見れば信じられないような長期間の金融的な拘束を受け容れてでも、マイホームを購入しようとしたのだ。

しかし、すでに時代は変わってしまった。日本の中でも、35年ローンでマイホームを購入しようとしているのは、都心部に生活拠点を求めるほんの一部の給与所得者だけになってしまった。

それ以外に生活拠点をもつ大多数の日本人にとって、贅沢さえい言わなければいまや住宅はタダ同然で手に入る状態になってしまったのだ。

これはまさしく、日本という国で稲作が始まり、不動産に経済的な価値を見出されて以来の大転換ではなかろうか。

そもそも、この国における不動産=土地の価値は農業が原点だ。不動産=土地から米を始めとした農作物という価値が生まれることで、その土地自体の経済価値が発生した。

産業の中心が農業から工業や商業に移った後も、増え続ける人口を収容できる不動産=住宅の価値は上昇し続けた。もちろん、店舗や工場などに使われる不動産への需要は拡大した。当然、その経済的な価値も増幅する。「不動産の価値は下がらない。必ず上昇する」という、いわゆる「土地神話」は、そういう過程で生まれた。

今、人口は増えていない。減り始めた。しかし、都心部では世帯数という住宅需要は増え続けたので、住宅の価値は下がらなかった。首都圏の都心部では建築コストが上昇したことと、人々の思惑によってマンションの市場価格は上がってしまった。

一方、遠隔郊外や地方では、世帯数という住宅需要が増えない。人口自体は減少し続けている。さらにインターネットの普及により物を売る店舗の必要性が減少した。物を作る工場などの設備も、世界の工場と化した現代中国の出現によって必要性が薄れた。すなわち、日本全体で不動産に対する需要が著しく減退した。もとより、食料を生産する農業の必要性も、貿易の自由化によって縮小してしまった。

日本の不動産=土地に対する需要は、この20年で著しく減少したと言っていい。それが、遠隔郊外や地方の不動産の「無価値化」につながっている。

日本の少子高齢化や人口減少には歯止めがかからない。この大きな流れがある限り、日本中の不動産の「無価値化」が進行する。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14707061/

国内


1: シャチ ★ 2018/05/13(日) 01:07:30.72 ID:CAP_USER9
愛知県警一宮署は12日、妻(81)と住む自宅兼工場に火を付けて全焼させたとして、現住建造物等放火の疑いで一宮市の
無職、纐纈朝男容疑者(83)を逮捕した。一宮署によると、出火後の事情聴取に「家族から運転免許証を返納するよう言われ、
口論になった。自暴自棄になり、家を燃やして死のうと思った」などと話していたが、逮捕後は「でたらめだ」などと容疑を否認している。

逮捕容疑は11日午後10時20分ごろ、自室で、火を付けたストーブの上に布団を掛けて燃え移らせ、
木造2階建ての自宅兼撚糸工場延べ約260平方メートルを全焼させた疑い。妻と纐纈容疑者は頭などに軽いやけどを負った。

サンスポ
http://www.sanspo.com/geino/news/20180513/tro18051300180001-n1.html

国内


1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2018/05/11(金) 22:32:55.08 ID:CAP_USER9

 名古屋市が進める名古屋城天守閣木造復元で、市がエレベーター(EV)不設置の方針を示したのは不当な差別だとして、障害者団体「愛知障害フォーラム」は11日、愛知県に救済を求める申立書を提出した。

申立書によると、県障害者差別解消推進条例には「障害者の権利利益を侵害してはならない」と明記されていると指摘。さらに「県は市町村と連携を図りながら協力し、差別解消の施策の推進に取り組む」とあることから、何らかの措置を取るべきだとしている。

また、同団体はインターネットの匿名の書き込みなどで誹謗中傷を受けており、市の方針が差別や偏見を助長していると訴えている。

ロイター(共同通信) 2018年5月11日 / 20:40
https://jp.reuters.com/article/idJP2018051101002416?il=0

国内

1: プティフランスパン ★ 2018/05/11(金) 16:19:04.96 ID:CAP_USER9
丸の内、中型犬が走って東京駅方面へ 警視庁が行方追う

11日午前8時20分ごろ、東京都千代田区霞が関1丁目の祝田橋交差点付近で、警視庁丸の内署員が茶色い犬を発見し、追いかけたが姿を見失った。
中型のゴールデンレトリバーのような犬だったといい、午後1時半現在、けが人の情報は入っていない。署が行方を追っている。

署によると、この約30分後、祝田橋交差点から600メートル余り東の丸の内2丁目付近にいたと目撃者から110番通報があった。午前9時ごろには別の署員が丸の内仲通りを東京駅方向に走っていくのを目撃した。飼い主からの届け出などはないという。

現場は大手企業の本社や商業施設などのビルが立ち並ぶ地域。

2018年5月11日14時23分
https://www.asahi.com/sp/articles/ASL5C4FQ1L5CUTIL01L.html?iref=sp_new_news_list_n