もんもんニュースおすすめの他サイト記事

国内


1: ばーど ★ 2018/11/18(日) 14:12:52.17 ID:CAP_USER9
 人気のバラエティー番組にいったい何があったのか。すみやかに真相を明らかにして、社会に報告する責任がある。

日本テレビ制作の「世界の果てまでイッテQ!」に疑念が持たれていることに対し、大久保好男社長が謝罪した。

きっかけは週刊文春の記事だ。芸人が世界の祭りを訪ねる番組中の企画について、5月に放映されたラオスの祭りは存在せず、日テレ側の自作自演によるイベントだと報じた。

当初日テレは「番組サイドで企画した事実はない」と反論していたが、タイの祭りでも同様の疑いがあると指摘されると、一転して非を認めた。企画は当面休止し、放送済みの111本の内容を可能な限り検証するという。当然の対応だ。

高視聴率が生んだおごりか、あるいは数字を維持するために逸脱行為に及んだのか。

娯楽の要素が強いバラエティー番組は報道と違う、多少の演出は必要だ、という声もある。だが、「ない」ものを作り出して「ある」とする行為は、公共をになう放送番組として許されない。まして「イッテQ!」は「“真実”との出会い」をうたい、ロケの失敗も隠さずにリアルさをアピールしてきた。日テレ自身のコメントにあるように「猛省」が必要だ。

日テレは09年、「真相報道バンキシャ!」で虚偽証言をもとに間違った報道をし、社長が辞任したことがある。以来、危機管理やコンプライアンスの確立に取り組んできたはずだ。ところが今回、企画づくりに当たったコーディネーター会社に責任を押しつけるような態度をとった。その後、「放送責任はすべて日テレが負う」と軌道修正したが、批判の火に油を注ぐ形になったのは残念だった。

NHKと民放でつくる第三者機関BPO(放送倫理・番組向上機構)も日テレに報告書の提出を求めている。そのBPOは09年の意見書で、バラエティー制作者に「何でもありの心意気を失わないで」とエールを送りつつ、一部にある「見つからなければいい」といった態度に警鐘を鳴らし、視聴者が応援してくれる番組づくりを訴えた。

また、別の放送局のバラエティーが問題になったときの意見書(14年)にはこうある。「バラエティーを成り立たせる『約束ごと』は、実にもろく、ちょっとしたことでひびが入る。それが続けば、テレビそのものへの信頼が崩れかねない」

フェイクニュースが横行する時代。何より大切にすべきは、この「信頼」ではないか。

2018年11月17日5時0分
朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/sp/articles/DA3S13772355.html

国内


1: 俺の名は ★ 2018/11/17(土) 22:16:59.06 ID:CAP_USER9
 同居する兄の顔を金属バットで殴ったとして、兵庫県警尼崎北署は17日、殺人未遂の疑いで、尼崎市南塚口町、無職、望月建二容疑者(49)を現行犯逮捕した。
尼崎北署によると、殴られた兄(52)は顔面骨折などの重傷。望月容疑者は「仕事を探せと言われて口論になり、カッとなって殴った」と話し、殺意は否認している。
逮捕容疑は17日午前10時ごろ、自宅で兄の顔を金属バットで殴ったとしている。望月容疑者が自ら110番通報した。

産経新聞 2018.11.17 14:51
https://www.sankei.com/smp/affairs/news/181117/afr1811170010-s1.html

国内


1: シャチ ★ 2018/11/15(木) 22:25:35.61 ID:CAP_USER9
 国土交通省は15日、気象庁が警報を出すレベルの大雪の際、立ち往生が懸念される高速道路や国道の区間で、全ての車にタイヤチェーンの装着を今冬から義務付ける方針を公表した。過去に立ち往生が起きた場所や急坂などの約20区間を今月末から年度末までに順次指定し、来年度以降も加えて約200区間に広げる考えという。

同日始めたパブリックコメント(意見公募)を踏まえ、来月上旬に道路法に基づく標識令を改正し、冬用タイヤ使用車にも装着を求める方向だ。約20区間は選定中で、2月に大規模な立ち往生が発生した福井県内の国道8号や、並行する北陸自動車道の一部などの指定が見込まれる。

ソース 共同通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-00000141-kyodonews-soci

国内


1: ガーディス ★ 2018/11/13(火) 20:42:40.50 ID:CAP_USER9
飼い犬2頭を放し飼い状態で散歩させていたとして宮城県警仙台東署は13日、県動物愛護条例違反の疑いで、仙台市宮城野区の無職、今原友宏容疑者(34)を逮捕した。

調べに対し「覚えていない」と容疑を否認している。飼い犬にリードを付けずに散歩させるなど、係留義務違反による逮捕は県内で初めて。

逮捕容疑は昨年11月、同区内の路上で飼い犬の中型犬「コーギー」2頭を係留せずに散歩させていたとしている。

この犬に足をかまれたという20代女性からの相談があり、同署が出頭を要請するなどしてきたが、今原容疑者がこれに応じなかったという。

2018年11月13日 18時51分
産経新聞
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15590207/

国内


1: みんと ★ 2018/11/13(火) 00:42:49.71 ID:CAP_USER9
ホテルオークラ東京(東京都港区)に店を構える老舗すし店「久兵衛」が、ホテルの建て替えに伴って「メインエリア」から「片隅」に追いやられたとして、オークラに1千万円の損害賠償などを求める訴訟を東京地裁に起こした。第1回口頭弁論が12日あり、「高級飲食店の格を著しくおとしめた」という主張に対して、オークラ側は請求の棄却を求めた。

訴状によると、久兵衛は1964年から50年以上、オークラ直営の高級和食店「山里」の隣という「メインエリア」に出店し、「オークラのすしと言えば久兵衛」との立場を確立してきた。しかし、来年秋に開業予定の新ホテルでは、2棟のうち山里とは別の棟にある「アーケード街の片隅」を指定されたという。

久兵衛は「およそ高級店にはそぐわない場所で、明らかな格落ちだ」と主張。久兵衛から独立した従業員が立ち上げた競合店が山里の中に入るとも指摘し、「考えがたい仕打ちだ」と批判している。信用を傷つけられたとして1千万円の賠償を求めているほか、売り上げが減れば、経済的な損害をさらに請求するという。

オークラは朝日新聞の取材に「裁判中の案件のためコメントは控えたい」としている。(北沢拓也)

11/12(月) 22:55配信
朝日新聞デジタル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000071-asahi-soci

国内


1: かばほ~るφ ★ 2018/11/12(月) 09:43:10.59 ID:CAP_USER9
新幹線で車掌に暴行容疑 静岡の男逮捕、愛知県警
2018.11.12 09:04愛知県警豊橋署は12日、新幹線の車内で男性車掌(22)の顔を平手で殴ったとして、
暴行の疑いで静岡県沼津市大岡、会社員、塚田晃文容疑者(29)を逮捕した。
「間違いない」と容疑を認めている。

逮捕容疑は11日午後6時半すぎ、新横浜-名古屋間を走行中だったのぞみ401号のデッキで、
三島駅に停車しないことに腹を立て、車掌の頬を平手で2回殴った疑い。車掌にけがはなかった。

豊橋署によると、塚田容疑者を警察に引き渡すため豊橋駅で臨時停車した影響で、
名古屋駅への到着が約3分遅れた。遅れは終点の新大阪駅到着までに解消された。
当時、酒に酔った状態だったという。

産経ニュース
https://www.sankei.com/affairs/news/181112/afr1811120002-n1.html

国内


1: 記憶たどり。 ★ 2018/11/11(日) 16:52:36.31 ID:CAP_USER9
日本国内のいたるところにあるコンビニ。駐車場のあるお店は、ドライブ中にちょっと立ち寄るのにも便利で、 いまや道路沿いに「コンビニのある風景」は当たり前になっていますね。しかし、そんなコンビニの立地につけ込んだ 「運転マナー違反」がいま話題となっているようです。

「コンビニワープ」という言葉をご存じでしょうか? 赤信号を待つのを避けるため、右左折をする際などに、 交差点の角にあるコンビニの駐車場や敷地を利用してショートカットするという手法です。

先日、西日本新聞により紹介され、ネット上でもさまざまな声が寄せられています。

ネット上の経験者・目撃者の声

コンビニワープをしたことがある人は少なくないようです。経験者や目撃者がネット上で言うには、

「法的に問題ないよね、コンビニに寄って出ていくだけですよ?」
「やったもん勝ち」
「窓からタバコ捨てた上に通り抜けしていった」

など、ワープする側はあまり罪の意識なども感じていないようです。
これに対して、

「眼の前で事故ってるの見た」
「危険だからやめてほしい」
「周りちゃんと見ろ、最悪」

など、その危険性から問題視している人も少なくないようです。

実際のところ、違法なのか?

日常的に行われているコンビニワープですが、道交法(道路交通法)などには違反しないのでしょうか?

コンビニを利用せず通り抜けする場合は、私有地への侵入として「不法侵入」となる可能性が高いようです。
コンビニ側が提訴すれば、民事訴訟なども考えられますが、実際に裁判をするのは費用や手間の面で コンビニ側にとってもハードルが高いのは確かです。

また、対策として通り抜け禁止の看板を掲げ、罰金を課しているコンビニも少なくありません。
掲示されている罰金を全額支払わなければならないケースは少ないようですが、損害賠償として何かしら 金銭を納めなければならない場合も考えられます。

事故防止のためにもやめよう!

コンビニワープは、駐車場周辺を歩いている利用客や駐車車両との接触事故なども起こしかねない、危険な行為です。
特に夜間などは視界も悪く、店内の照明が明るいぶん、歩行者に気づきにくい場合もあります。実際にコンビニの駐車場での 人身事故は珍しくありません。

また、コンビニに限らず、私有地を利用したショートカットは、所有者とのトラブルも起こり得ます。当たり前の話ではありますが、 多少の時間がかかっても信号待ちをするのが正しいと言えるでしょう。

コンビニワープに関して、現状では、これを具体的に直接取り締まる法律はなく、ドライバーのマナーやモラルに 判断を委ねられているところも多々あります。とはいえ、思わぬ交通事故の原因ともなり得る行為であり、 ドライバーのみなさんには、ぜひマナーを守って運転してほしいですね。

https://news.infoseek.co.jp/article/toushin1_8368/

国内

1: かばほ~るφ ★ 2018/11/09(金) 21:01:31.73 ID:CAP_USER9
「泣きじゃくって『すいません』と…」 指導員に逆ギレ乗客放置のバス会社 運転手の様子語る 徳島

徳島県のバス会社の運転手が、指導員の指示に逆上して運転を拒否し、
乗客を約1時間待たせた問題で、バス会社が会見を開き謝罪しました。

バス会社は会見の冒頭で「まことに申し訳ございませんでした」と謝罪しました。
今年6月、徳島県の「海部(かいふ)観光」が運行する阿南発大阪行きの高速バスで、
入社したばかりの58歳の男性運転手が高速道路を運転していた際、
同乗していた指導員の指示に「僕の運転のやり方がある」などと逆上しました。
運転手は勝手に近くのパーキングエリアにバスを停め「僕が降りたらいいんですか」
などと言って運転を拒否しましたが、会社に戻った後は反省していたということです。

バス会社側は会見で「なんでそんなことをしたのと聞いても本人もわからないと。
とにかく泣きじゃくってすいませんと」と話しました。
海部観光ではこれまでに、当時バスに乗っていた乗客17人のうち15人に対して補償を行ったということです。

11/9(金) 13:57配信 ABCテレビ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00010004-asahibcv-bus_all

客放置のバス運転手「なぜかわからない」と涙 会社謝罪
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00000060-asahi-soci
「なぜこんなことを・・・」 乗客放置のバス運転手、泣きながら反省 海部観光、謝罪会見で明かす
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-03123437-tokushimav-l36

 

国内


1: ガーディス ★ 2018/11/09(金) 02:04:54.05 ID:CAP_USER9
息子の口座から不正に現金を引き出したとして、神奈川県警厚木署は7日、窃盗容疑で、同県厚木市酒井の無職、高橋有希子容疑者(44)を逮捕した。容疑を認めている。

逮捕容疑は昨年12月7日から今年1月6日にかけて、現在は元夫が親権を持つ10代の息子名義の口座のキャッシュカードを使い、大阪や愛知など5都府県内に設置された現金自動預払機(ATM)から6回にわたって計70万円を不正に引き出したとしている。

同署によると、高橋容疑者は10年前に離婚。息子の口座は平成16年に開設されたもので、元夫が息子の将来のために少しずつ預金していた。高橋容疑者は取り調べに対し、「仕事のため新幹線で各地を移動し、生活費がなくなると引き出していた」と話しており、口座に現金はほとんど残されてないという。

今年2月、被害に遭っていることに気付いた元夫が同署に相談し、事件が発覚。ATMの防犯カメラに写っていた映像などから高橋容疑者の犯行を特定した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00000626-san-soci

国内


1: 記憶たどり。 ★ 2018/11/07(水) 12:35:32.24 ID:CAP_USER9
信号機のない横断歩道で車が歩行者を優先した運転をしているかJAF=日本自動車連盟が調べたところ、県内で対象となった2か所の横断歩道では、およそ92%の車が歩行者が道路を渡ろうとした際に一時停止せずに通過したことがわかりました。

JAFはことし8月から1か月間、信号機のない横断歩道で車が歩行者を優先した運転をしているか、全国94か所で調査を行い、県内では2か所が対象になりました。
その結果、これらの横断歩道では、92.4%の車が歩行者が道路を渡ろうとした際に一時停止せずに通過したということです。
これは全国平均を1%上回っていて、最も一時停止する割合が高かった長野県を51%上回っています。

道路交通法では、歩行者が信号機のない横断歩道を渡ろうとしているときは、車は停止して歩行者の横断を妨げてはならないと定められていて、警察は、交通違反の取り締まりを強化していくことにしています。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/akita/20181107/6010002358.html