もんもんニュースおすすめの他サイト記事

国内

1: みつを ★ 2018/04/29(日) 05:20:50.56 ID:CAP_USER9
滋賀県教育委員会は27日、県内の公立小学校に勤務していた40代女性教諭の教員免許が3月で失効していたことが分かり、失職としたと発表した。

県教委によると、教諭は1995年に小学校の教員免許を取得した。この教諭の場合は2018年3月が免許更新の期限だったが、17年に特別支援学校教諭の免許を取得したことから、手続きをすれば27年10月まで取得済みの免許の有効期限を延期することができた。

教諭は、特別支援学校の免許を取得すると自動的に有効期限が延長されると誤認。念のために相談した所属先の校長も同様に誤認したことから、延期の手続きをしなかったという。

4月に入って教諭の教員免許が失効していることに教頭が気付き県教委に連絡。県教委が確認し、24日に失職(3月31日付)を通告した。教諭が4月以降に行った授業は有効だという。県教委の岸田英嗣教職員課長は「信頼を損ねたことを深くおわびする」とした。

2018年04月27日 23時22分
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20180427000193

国内


1: ガーディス ★ 2018/04/28(土) 12:59:58.15 ID:CAP_USER9
 群馬県伊勢崎市境島村の境島村北公園で毎年6月に開かれていた「ホタルまつり」が今年から行われないことになった。

地下水をくみ上げるポンプの故障で今年2月に公園内の小川が枯れ、ホタルの餌となるカワニナなどが死滅したことが理由だ。公園を管理する伊勢崎市は、修理への対応が遅れたとして謝罪した。

ホタルまつりは、地元の有志で構成する「島村ホタル・メダカの会」が1995年から毎年開いてきた催し。県内外から1000人以上の人が訪れていたという。代表の町田俊男さん(69)は毎年4月、自宅で育てたホタルの幼虫と、餌となるカワニナやタニシを小川に放し、ホタルまつりの準備をしてきた。

今年1月、町田さんがポンプの異音に気付き、市に点検を依頼した。だが、職員は現地を訪れず、町田さんが1か月後に再び、確認しに行ったところ、小川が枯れていた。市は、その約10日後にポンプを修理したが、「地下水の水位が低い」などとして、今月20日になってようやく稼働させた。

町田さんは「幼虫を放流できる状態ではなくなった。地域のためにやってきたが、残念」と話し、会の解散を決めた。市公園緑地課は「速やかに対応していればこのようなことにはならなかった。申し訳ない」としている。

町田さんは25日、ポンプが再稼働した小川に、タニシや育てたホタルの幼虫約1万匹を放流した。今年6月には、会の解散式を行う予定だという。

http://sp.yomiuri.co.jp/eco/20180427-OYT1T50041.html

国内


1: ニライカナイφ ★ 2018/04/28(土) 08:35:23.77 ID:CAP_USER9
◆医療費未払い外国人、入国拒否も 自民PTが政府提言へ

自民党のプロジェクトチーム(PT、座長・萩生田光一党幹事長代行)は27日、医療費の未払いがある外国人観光客から入国申請があり、再び未払いになる恐れがある場合は、入国を拒否することなどを盛り込んだ提言案をまとめた。
増え続ける外国人客の医療体制整備のため。党内手続きを経て、政府に提言する。

厚生労働省の調査によると、外国人の受け入れ医療機関として選定されるなどした全国1378病院のうち、2015年度に医療費未払いの外国人受診者がいた病院は35%。
外国人観光客の未払い情報を集約し、未払いがある人から入国の申請があれば厳格に審査する。

入国拒否のルールを定めた出入国管理法を適用すれば、入国を拒むことができるという。
案には、自由診療の外国人向け医療費のあり方を検討▽外国人客受け入れ拠点病院で19年度中に現金以外のカード決済などができるようにする――も盛り込んだ。

朝日新聞 2018年4月28日07時22分
https://www.asahi.com/articles/ASL4W3Q6ZL4WULBJ002.html?iref=comtop_8_04

国内


1: かばほ~るφ ★ 2018/04/27(金) 11:12:10.93 ID:CAP_USER9
長崎市の純心女子高校に3月まで通っていた発達障害のある女子生徒(16)に、
当時の担任の女性教諭(56)が「あなたに合った学校を考えたらどうか」
などと不適切な発言をしていたことがわかった。
生徒は4月に転校し、保護者は26日、暴行や名誉毀損(きそん)、
侮辱の容疑で教諭に対する告訴状を浦上署に提出した。

告訴状によると、生徒は教諭から昨年9月以降「障害者が来る学校ではない」
「ほかの学校に行った方がいい」などと侮辱され、それが原因で適応障害と診断された、と訴えている。

学校によると、教諭は学校側の聞き取りに対し、生徒と学校生活についてやりとりする中で
「周囲のサポートを遮断するから学校生活も障害も改善されない」
「あなたに合った学校を考えたらどうか」などと発言したことを認めた。
一方で障害を差別するような言動は否定しているという。

教諭は「生徒への共感や思いやり、配慮が足りなかった。申し訳なく思っている」と話しているという。
学校側は「不適切な発言のため、心情を害する状況になり申し訳ない。
今後、当時教諭のクラスにいた生徒や保護者へのアンケートなどを行い、対応していきたい」と話した。

生徒の父親(46)は取材に「学校とは食い違いが多々ある。
次の被害が出ないよう、学校にも変わってもらいたいと思い告訴した」と話した。
保護者は25日、長崎地方法務局に人権救済の申し立てをしている。

4/27(金) 10:36配信 朝日新聞デジタル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000030-asahi-soci

国内


1: もう1回! ★ 2018/04/27(金) 02:22:36.90 ID:CAP_USER9

 立憲民主、希望、民進、共産、自由、社民の野党6党は26日、国会で審議拒否を続けた。27日も審議を欠席する方針だ。5月の大型連休明けまで2週間以上の長期にわたり膠着が続く公算が大きい。野党は麻生太郎財務相の辞任などを審議復帰の条件に掲げる一方、衆院解散や内閣総辞職を強く求めているわけではない。戦略や展望がない審議拒否の出口はみえない

2018/4/26 17:30 日本経済新聞 電子版
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2988012026042018PP8000/

国内


1: たんぽぽ ★ 2018/04/25(水) 19:00:29.35 ID:CAP_USER9
 埼玉県深谷市が管理する施設のイベントで、景品を勝手に触ってボランティアの男性に怒鳴られ、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症したとして、女児(8)が市に約190万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(杉原則彦裁判長)は25日、約20万円の支払いを命じた一審東京地裁判決を取り消し、女児の請求を棄却した。

昨年11月の一審判決によると、2014年11月、当時5歳だった女児は両親とともに「ふかや緑の王国」の秋祭り会場を訪れた。母親が目を離した際に輪投げゲームの景品だった駄菓子を触り、係の男性に注意されて泣きだした。その後クリニックでPTSDと診断された。

http://www.sankei.com/smp/affairs/news/180425/afr1804250021-s1.html

国内


1: ニライカナイφ ★ 2018/04/25(水) 08:40:28.49 ID:CAP_USER9

◆ひきこもりの当事者ネットワークが設立

ひきこもりの当事者や経験者たちが、互いにつながって、支援や就労などの情報を共有して連携する全国的なネットワーク団体が初めて設立されました。
ひきこもりは、国の統計で39歳までだけで54万人に上ると推計されています。
40代以上については詳しい実態はわかっていませんが、高年齢化や長期化が課題になっています。

こうした中、東京や大阪、札幌など全国の9つのひきこもりの当事者の会のメンバーが呼びかけ合って、NPO法人「Node」を設立しました。
「Node」は英語で「つなぎ目」という意味です。
ひきこもりの当事者が主体となる全国ネットワークの団体の設立は初めてだということです。

団体では、ひきこもりの人のための「交流スペース」の情報や、行政の相談窓口など、ひきこもりに関するさまざまな情報を網羅したポータルサイト「ひきペディア」を来月はじめに公開することにしています。
また、家族の会や企業、自治体などとも連携して支援や就労に関する情報を共有する催しを開いたり、全国のひきこもりの当事者の声を集めて、行政に届ける活動などを行っていくということです。

Nodeの佐藤啓プロジェクトリーダーは「支援が届かずに孤立している当事者が団体やサイトを通してつながっていければいいと思う。
全国にある当事者の会にさらに参加を呼びかけていきたい」と話しています。

NHKニュース 2018年4月24日 23時01分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180424/k10011416131000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_035

国内


1: fallen leaf ★ 2018/04/21(土) 09:08:41.86 ID:CAP_USER9
 部下だった20代女性の名誉を傷付ける張り紙を大阪・梅田の商業施設にあるトイレに張り付けたとしたとして、兵庫県警宝塚署は20日、この女性に対する別の名誉毀損容疑で逮捕していた大阪府寝屋川市の会社員の男(62)を同容疑で再逮捕した。

同署によると男は容疑を認め、「何度も(女性を)食事に連れて行き、お金を使ったのに冷たくされた」と供述しているという。

再逮捕容疑は今年1月26日午後、大阪市北区にある商業施設「グランフロント大阪」と「ルクア大阪」の男子トイレの個室内に、元部下で兵庫県内に住む20代女性を性的に中傷する内容を書いた紙を張りつけた疑い。

男は1月、宝塚市にある立体駐車場の男子トイレにも同様の内容の張り紙をしたとして、4月2日に同容疑で逮捕された。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180421-00000001-kobenext-l28

国内


1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2018/04/24(火) 07:14:50.94 ID:CAP_USER9

 国土交通省中部運輸局は23日、路線バスが終点に到着する前に運行をやめたとして、「岐阜乗合自動車」の各務原(かかみがはら)営業所(岐阜県各務原市)のバス2台を20日間の使用停止処分とした。

中部運輸局によると、昨年10月25~26日、同社が各務原市で営業する路線バスの運転手2人が、終点の名古屋鉄道新那加(しんなか)駅北口の1つ手前にあるバス停で計3便の運行をやめ、営業所に戻った。

他の社員から情報提供があり、発覚した。運転手は同社の聞き取りに「乗客がいなかったので帰っても良いと思った」と説明しているという。

同社は同月31日、中部運輸局岐阜運輸支局に自主申告した。同社によると、処分期間中は予備のバスを充てるため、運行に支障はないという。

同社は「処分を厳粛に受け止め、社員への指導を徹底していく」とコメントした。

産経WEST 2018.4.23 18:31
http://www.sankei.com/west/news/180423/wst1804230071-n1.html

国内


1: ガーディス ★ 2018/04/23(月) 22:53:50.61 ID:CAP_USER9
 逮捕された男は教師を養成する大学院の2年生でした。

帝京大学教職大学院2年の江口○紀容疑者(23)は去年10月、高校1年だった女子生徒(当時16)に胸を露出した写真を送らせ、自分のスマートフォンに保存した疑いが持たれています。警視庁によりますと、江口容疑者はSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で知り合った女子生徒に当初、下着姿の写真を送らせていましたが、その後、要求をエスカレートさせていったということです。江口容疑者は容疑を認めていて、警視庁は余罪があるとみて調べています。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180423-00000043-ann-soci