もんもんニュースおすすめの他サイト記事

国際


1: ニライカナイφ ★ 2018/08/12(日) 00:04:07.89 ID:CAP_USER9
◆日本輸出に向け開発された韓国の新技術、使われず放置されている理由は?=韓国ネットからは非難の嵐

韓国・MBCは8日、韓国で200億ウォン(約20億円)かけた新技術が、使われずに放置されている実態について報じた。
記事によると、大田(テジョン)韓国原子力研究院の研究棟にある大きな箱型の「動電気除染装置」は、放射能で汚染された土をきれいにする機械として、2011年に同研究院の金博士が開発に成功した。

汚染土に電気を流してセシウムやウランなどを除去する仕組みになっており、当時画期的な技術として脚光を浴びた。
1998年の研究開始以降、計213億ウォン(約21億円)の予算が開発・運用に投入されたという。

しかし、現在も稼働どころか、放置されてほこりをかぶっている状態という。
研究チームによる性能実験捏造(ねつぞう)の事実が摘発されたからだ。
技術の商用化には大型化がカギとなり、「日本に輸出して福島原発周辺の土地を浄化すること」を目標に据えていたが、研究チームは汚染土にきれいな土を混ぜて全体の放射能濃度を下げるなど、まるで大型化の技術に成功したようにデータを操作していたという。

記事は「不思議なことに主務省庁は何の責任も問われておらず、『科学界内部の八百長』『身内びいき』などと批判する声が出ている」と伝えた。
同記事に対して、韓国のネットユーザーからは1000件以上のコメントが寄せられた。

「税金の無駄遣い」「国にお金がないんじゃなくて、泥棒が多過ぎる」「さすが詐欺師の国」「実験の失敗は許せるけど、実験の捏造は許せない。韓国のこういう部分は改善すべき」など非難の声が続出した。
その他にも「200億あったら植林した方がいい」「こうやってお金を捨てたのは今回に限ったこと?」「こんな国でノーベル賞を望む方がおかしいんじゃない?」などさまざまな声が上がった。

Record china 2018年8月11日(土) 15時20分
https://www.recordchina.co.jp/b632923-s0-c30-d0127.html

国際


1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2018/08/09(木) 04:27:06.68 ID:CAP_USER9
オーストラリアの人口が7日、2500万人に達した。

「多文化主義」を掲げる豪州は外国から移民を受け入れ、人口が押し上げられている。

これにより、豪州の人口は推計2549万人の北朝鮮と同じ規模になった。
統計局によると、英国から事実上独立した1901年当時と比べ6倍以上となり、
現在は「83秒に1人」の割合で増えている。

移民の流入が自然増加のペースを上回っているのも豪州の特徴だ。

豪公共放送ABCによると、専門家は「21世紀に入り、主要な移民グループは中国人とインド人だ」と解説している。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018080800665&g=int

別ソース
オーストラリアの人口が7日、2500万人を突破した。
移民の大幅な増加を受け、20年前の政府予測よりほぼ30年早い到達となった。

毎分1人のペースで流入している移民は、27年間景気後退なしという世界最長の経済成長に寄与し、豪州を先進国有数の多文化国家にした。
だが、住宅などインフラへの負荷に国民の懸念が高まり、
豪州は「欧州型の分離主義多文化モデル」に向かっているとの見方も広がっている。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33945500Y8A800C1I00000/

国際


1: みつを ★ 2018/08/07(火) 18:47:09.97 ID:CAP_USER9
中国当局、実写版「くまのプーさん」映画の公開認めず

米報道によると、中国当局はディズニーの実写映画「Christopher Robin(邦題「プーと大人になった僕」)」の同国での公開を認めなかった。米エンターテインメント誌ハリウッド・リポーターが伝えた。

決定の理由は明らかになっていないが、中国は全国的にくまのプーさんを検閲しており、今回の措置もその一部と考えられている。

プーさんは、A・A・ミルン原作の児童小説に登場するくまのキャラクター。プーさんが政治的反抗の象徴となったのを受け、中国当局は、昨年からソーシャルメディア上への同キャラクターの画像投稿をブロックしている。

中国の習近平国家主席と比較されるようになり、プーさんは反政府の象徴となった。
比較は2013年、習主席が当時のバラク・オバマ米大統領と歩く画像が、プーさんとティガー(作品に登場するトラ)と並び歩く画像と一緒に投稿されたのを皮切りに始まった。
英経済紙フィナンシャル・タイムズはツイッターに、「このくまは、どんなに頑張っても、中国検閲ににらまれてしまう」と添えて2枚の画像を投稿した。

その後2014年には、習主席が日本の安倍晋三首相と握手する写真が、プーさんがイーヨー(作品に登場するロバ)と握手する写真と共に拡散した。
米経済紙ウォールストリート・ジャーナルのジョシュ・チン記者は当時、2つの握手画像を並べ、「中国のインターネット利用者は最高」とツイートしている。

この「ネタ画像」が人気を伸ばしたため、中国検閲当局はプーさんの画像、動画、言及のソーシャルメディアへの投稿をブロックし始めた。
政治的リスクの分析を行うグローバル・リスク・インサイツ社は2015年、パレード中に車の屋根を開いて姿を見せる習主席の写真と、プーさんが車に乗っているおもちゃの写真を並べた画像を「中国で最も検閲された写真」と呼んだ。

また、英国人コメディアンのジョン・オリバー氏が、米テレビ局HBOの人気番組「Last Week Tonight」で習氏と中国を批判すると、中国当局は6月、オリバー氏とHBOのウェブサイトを検閲した。オリバー氏は番組中の批判的ジョークで、プーさんとの比較について習主席が過敏だと言及していた。
グローバル・リスク・インサイツは、プーさん検閲が続く理由は、プーさんと習主席の比較を中国政府が、「国家主席の地位と習氏自身の尊厳を本気で脅かそうという取り組み」と認識しているからではないかと言う。
しかしハリウッド・リポーターは、中国当局が年間の海外映画本数を現在34本に制限している点を指摘。中国市場ではもっとほかにヒットしそうな映画があるからではないかと書いている。

ディズニー映画では今年これまでに、「A Wrinkle in Time」も中国で公開されなかった。しかし、映画「スカイスクレイパー」は中国で既に上映されているほか、「ミッション・インポッシブル/フォールアウト」、「アントマン&ワスプ」もディズニー映画と同様に中国で公開を予定している。
「プーと大人になった僕」は英俳優ユアン・マクレガー主演の実写映画。大人になったロビンとプーさんの再会、そしてロビンが遊び心に満ちた想像力を取り戻すまでを描く。

(英語記事 Christopher Robin: Winnie the Pooh film denied release in China)

2018/08/07
https://www.bbc.com/japanese/45093550

国際


1: サーバル ★ 2018/07/14(土) 11:23:52.91 ID:CAP_USER9
完全菜食主義者の肉屋襲撃が多発、政府に保護要請 仏

(CNN) フランスの肉屋の業界団体は12日までに、完全な菜食主義者団体による店舗への「テロ」にも等しい深夜などの襲撃が今年多発しているとして内務省に対し保護措置を講じるよう要請した。襲撃の関与者の逮捕も期待している。

これら攻撃では魚屋を含め、店の窓ガラスが割られたり店頭に肉反対のスローガン字句がスプレーで描かれ、血液を模した液体で汚されたりするなどの被害が出ていると主張した。業界団体によると、政府への陳情の書簡が公になった後、リヨンなど2カ所の肉屋が新たに襲撃されたという。

業界団体の責任者はCNNの取材に、これらの迷惑行為は菜食主義勢力の仕業と主張しながらも特定の団体名への言及は避けた。肉屋の団体には1万8000業者が加盟しているとされる。

内務省当局者はCNNの取材に、大きな脅威がある場所での監視システムの設置を示唆した。

仏北部リールでは昨年、肉屋7店が攻撃を受けたとされ、パリ周辺などでも同様の被害が報告されている。肉屋の業界団体は実際の被害件数はより多いとし、過去半年間で肉屋、魚屋やチーズ店の100店以上が標的になったと主張している。

肉屋を狙う菜食主義者の攻撃は英国やスイス内でも報告されている。

菜食主義者団体内でも肉屋襲撃への是非については意見が割れている。より強硬な主張を抱く組織は政府の対策への不満を前面にも出している。

あらゆる動物性食品を拒む運動への仏国内の支持は急激には広まっていないが、同調勢力は徐々に拡大しているとされる。食品飲料業界の市場調査企業の昨年の調査によると、仏国民の6%が菜食主義者と自認した。この割合はドイツやスペインと同率で、昨年の5%から増加している。

フランス農務省によると、同国内の食肉消費量は2000~12年で減少。半面、菜食主義者向けの料理品の販売は15年から翌年にかけ82%急増したとのシンクタンクの統計もある。

菜食主義者団体はこれまで食肉団体のロビー活動が自らの主張の実現を阻んできたとの不満を示している。今年5月には国内の全ての食肉処理場に監視ビデオ設置を義務付けたり、檻の中で飼われる雌鳥の卵販売禁止を盛り込んだ農務・栄養関連法案の不成立に失望していた。マクロン現大統領は選挙戦中、これらの対策を公約にしていた。

同国議会は5月、学校生徒に週1回、菜食メニューの提供を義務付ける法案も廃止にしていた。議会は4月、消費者を混乱させるとの懸念から肉不使用のパック料理品に「ベーコン」「ステーキ」などの字句を添えることを禁止する法案修正も可決していた。
https://www.cnn.co.jp/amp/article/35122404.html

国際


1: プティフランスパン ★ 2018/07/10(火) 04:20:42.80 ID:CAP_USER9
プエルトリコ・サンフアンのブリーダVanesa Semlerさんが飼っているチワワ犬「ミラクル・ミリー(Miracl Milly)」がクローン技術でなんと49回も複製され、先月、世界記録に認定された。

■ 世界で一番小さい犬

このチワワ犬ミリーは、実はギネス世界記録「世界一小さい犬・体高部門」の記録保持者でもある。2012年、ギネスブックに登録された当時の体高は9.65センチメートル、体重は450グラムで大きなりんご1個分程度。

ギネス世界記録認定と、ミニサイズの愛らしい姿で有名になったミリーだったが、飼い主のVanesaさんに犬のクローンを作る気などまるでなかったそうだ。

ところが数年後、韓国SOOAMバイオテック研究所が彼女にアプローチ。ミリーのクローンを作らせて欲しいと申し入れた。この研究所は、ロシアの大学と協力して氷河期のマンモスの遺体からクローンを作成するプロジェクトを進めていることで有名だ。

同研究所の目的は、遺伝子の中に隠されたミリーの小ささの秘密を解明することだった。

■ クローン羊「ドリー」と同じ手法で

研究所の科学者たちは、ミリーの細胞から採取した遺伝子を別の犬の卵細胞(遺伝子を取り除いたもの)に注入し、その卵細胞を母親役の犬の子宮に入れた。

このクローン手法は、世界初のクローン羊「ドリー」が作られたのと同じやり方だ。

そして、昨年8月に最初のクローンが生まれ、その後次々と計49匹のクローンが誕生。先月29日にチワワ犬ミリーは世界で1番多く複製(クローン作成)された犬として、アメリカの世界記録認定団体「ワールド・レコード・アカデミー」に認定された。

「最初の予定では、クローンは全部で10匹のはずでした」と飼い主のVanesaさんは言う。「研究所がリサーチに使うための9匹と、私が家で飼うための1匹です。けれど研究所がもっと多く作りたいと言うので予定を変更しました」

■ オリジナルとは微妙に違う

現在Vanesaさんは、49匹のクローンのうち12匹を自宅で飼っている。それぞれの名前はMolly、Mally、Melly、Molly、Mumu、Mila、Mary、Mimi、Moni、Mini、Mela、Mulan。

「ミリーのクローンを12匹も飼うのはいろいろと大変ですが、とても楽しい」とVanesaさん。「どの犬もミリーと同じように賢く、遊び好きなんです。目の色は同じで、体の色合いも同じです。けれど、体の大きさがミリーより少し大きく、性格が微妙に違います。ミリーは個性的なんです。これは個人的な意見ですが、科学者が頑張っても、オリジナルのミリーと同じ犬は作れないのではないでしょうか」

出典元:World’s most cloned dog ‘Miracle Milly’ has been copied 49 times by scientists in a bid to find the reason behind her record-breaking tiny size – Mail Online(7.6)
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-5924809/Worlds-cloned-dog-Miracle-Milly-copied-record-breaking-49-times.html
出典元:Most Cloned Dog: world record set by Miracle Milly – World Record Academy(6.28)
https://www.academyofworldrecords.com/medical/most-cloned-dog-world-record-set-by-miracle-milly-218152

国際


1: みつを ★ 2018/07/09(月) 07:18:20.27 ID:CAP_USER9
カリブ海に面したベネズエラ北部の町リオチコでは、真昼の太陽の下、十数人の漁師が近くのラグーンでその日捕った魚を売ろうと客を待っている。だが、彼らは現金を手に入れようとしているのではない。

捕ったボラやタイを、小麦粉や米、食用油などと交換しようというのだ。

「ここに現金はない。物々交換だけだ」と、ミレディ・ロベラさん(30)は、夫が捕ってきた魚が入ったクーラーボックスを手に、海沿いの道を歩きながら言った。4人の子どもに食べさせる食料か、息子のてんかん治療薬と、魚を交換できればと考えている。

ハイパーインフレに苦しむ南米ベネズエラでは、慢性的に不足する食料や医薬品と同じように現金の入手も難しく、市民は日用品を得るために、物々交換に頼る場面が増えている。

この国では、ちょっとした買い物やサービスの支払いにも巨大な銀行券の山が必要になるが、そのための現金の流通量も単純に不足している。

都市部の正規小売店などは、銀行振込みやデビットカードによる支払いに対応できるが、地方にあるリオチコのような人口2万人の町ではそれは難しい。

西に130キロ離れた首都カラカスでさえ、非正規に小さな商売を営む個人の多くは、銀行サービスやPOS(販売時点情報管理)端末へのアクセスがなく、対価を物で受け取ることを好んでいる。

ハイパーインフレと現金不足を背景とした、物々交換の広がりは、かつて豊かだった国が、もっとも原始的な売買の仕組みへと逆戻りしなければならなくなった窮状を示している。

「とても原始的な支払い方法だ。だが十分な現金がないこと自体、国としても、非常に原始的だ」と、コンサルティング会社ダタナリシスのエコノミスト、ルイス・ビセンテ・レオン氏は言う。

<天を突くインフレ>

野党が多数を占めるベネズエラ議会によれば、年間のインフレ率は5月までに2万5000%近くに急騰しているが、中央銀行がそれに見合った速さで銀行券を印刷できていないとエコノミストは指摘する。
(リンク先に続きあり)

2018年7月7日 / 02:03
https://jp.reuters.com/article/venezuela-barter-idJPKBN1JV0SW

国際


1: やなぎ ★ 2018/07/07(土) 01:49:50.78 ID:CAP_USER9
 麻原死刑囚らの死刑執行に対し、ドイツ政府は死刑を拒否し、日本と死刑の廃止に向け対話したいとする声明を出しました。

死刑執行を受けて出した声明でドイツ政府の人権問題担当官は、オウム真理教による地下鉄サリン事件で犠牲となった遺族に思いを寄せるとしていますが、死刑については、非人道的で残酷な刑罰で死刑を根本的に拒否するとしています。その上でドイツは、日本と死刑制度の廃止について対話を続けていきたいとしています。

7/7(土) 1:03配信 TBS系(JNN)
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180707-00000004-jnn-int

国際


1: みつを ★ 2018/06/16(土) 23:15:27.48 ID:CAP_USER9

米ディズニー従業員、賃上げ求め本社に嘆願書 10人に1人ホームレス

米カリフォルニア州アナハイム(Anaheim)にあるディズニーランド(Disneyland)の従業員らが15日、ロサンゼルス近郊のバーバンク(Burbank)にある本社を訪れ、賃上げを要求する12万人以上の署名を集めた嘆願書を提出した。

労働組合側は、嘆願書を提出した代理人らは「大勢の従業員」の代表だと述べた。労組は前日14日にも、バーバンクから南東に65キロ離れた位置にあるアナハイムのディズニーランドで抗議集会を行っている。

嘆願書の中で従業員らは、「ディズニーランドの利益は魔法のように生まれるのではない。利益はディズニーランドを訪問する客に楽しい時間を提供するため一生懸命働く従業員によって得られる」「その利益は、利益を生む従業員らと共有されるべきだ」と主張。

さらに、ディズニーランドがドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の共和党政権による法人税削減の恩恵を受け、年間15億ドル(約1660億円)の利益を得ていることに言及し、従業員は「車の中で寝る生活」を強いられるべきではないと訴えている。

ディズニーランドは3万人の従業員のうち、最低賃金の時給11ドル(約1220円)以上を受け取っている9500人の給料を段階的に35%アップし、2020年までに15ドル(約1660円)に引き上げる意向を示した。カリフォルニア州の最低賃金は2022年までに15ドルに引き上げられることになっている。

一方、労組側はアナハイムの市会議員らに対し、賃上げに関する住民投票を今年11月の中間選挙で実施するよう働き掛けており、同改正案は、ディズニーランドをはじめ、地元の自治体から助成金を受け取っている企業に対し、2019年1月1日までに最低賃金を15ドルに、2022年までに18ドル(約1990円)に引き上げるよう求めている。

しかし経営側は、こうした要求は「政治的なパフォーマンス」以外の何物でもないとして、賃上げは「深刻で意図せぬ悪影響」を招く可能性があるとくぎを刺している。

同州のリベラルアーツ専門のオクシデンタル大学(Occidental College)が今年行った調査は、ディズニーランドの従業員の10人に1人がホームレスで、その大半が1日3度の食事も賄えない状態であることを明らかにしている。

しかしディズニーランド側は、調査結果は不正確で政治的な意図に基づいた非科学的なものだと述べ、従業員のうち16%しか調査に協力していないと一蹴している。

2018年6月16日 14:51
発信地:ロサンゼルス/米国  (c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3178743?cx_position=

国際


1: みつを ★ 2018/06/12(火) 21:58:11.39 ID:CAP_USER9

ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の長女イヴァンカ・トランプ(Ivanka Trump)大統領補佐官が中国のことわざとして紹介したツイッター(Twitter)の書き込みに、中国のネットユーザーたちが頭を悩ませた。

イヴァンカ氏は、トランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長との歴史的な米朝首脳会談を翌日に控えた11日、「何かを成し遂げようとしている人たちを、そんなことは無理だという人たちが邪魔してはならない。中国のことわざ」と英語で投稿した。

これに中国のネットユーザーたちは即座に反応したが、イヴァンカ氏の投稿を歓迎するより困惑するものがほとんどだった。

中国版ツイッターの微博(ウェイボー、Weibo)を運営する「新浪(Sina)」が、「うちの編集者はこれがどのことわざなのか本当に分からない。助けて!」と微博で呼び掛けると、さまざまな意見が殺到した。

「愚公、山を移す」(困難なことでも忍耐強く努力すれば成し遂げられる、という意味のということわざ)ではないかといった真面目な意見から、「パンダエクスプレス(Panda Express、米国の中華料理チェーン)の占いクッキーに書いてあったんじゃないの」といったものまでさまざまな意見が寄せられたが、決定的な結論には至らなかった。

あるネットユーザーは「イヴァンカがことわざを一つ書き込んだおかげで、中国の全ネットユーザーの脳細胞はくたくただ」とぼやいている。

イヴァンカ氏一家は中国で高い人気がある。昨年、トランプ大統領が訪中した際にはイヴァンカ氏の娘のアラベラ・クシュナー(Arabella Kushner)ちゃん(6)が中国の歌を中国語で歌い、中国の詩を暗唱する動画を習近平(Xi Jinping)国家主席に見せた。この動画は多くのネットユーザーの心をつかんだ。

2018年6月12日 17:25 (c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3178209?cx_part=top_latest

国際


1: みつを ★ 2018/05/27(日) 20:37:16.75 ID:CAP_USER9
質問交流サイト(SNS)「Ask.fm(アスク・エフエム)」は26日、PR活動で行った世界最高峰エベレスト(Mount Everest、標高8848メートル)の頂上に10万ドル(約1100万円)相当の仮想通貨を埋めるとした企画において、シェルパ(ネパール人山岳ガイド)が死亡したと明らかにした。

この企画をめぐってはAsk.fmがスポンサーを務める登山家4人がエベレスト登頂に挑んだが、ガイドのシェルパが5月中旬に行方不明になったことが発覚し、同社に非難の声が殺到。これを受けてAsk.fmは「わが社の登山隊を支援してくれたシェルパの1人が、下山途中に行方不明になったことが分かった」と認める声明を発表した。

ネパールの登山ツアー会社「セブン・サミット・トレックス(Seven Summit Treks)」はAFPの取材に対し、登山隊の荷物運搬などを請け負っていたラーマ・バブ・シェルパ(Lama Babu Sherpa)さんが5月14日から行方不明となっており、死亡したものとみられると明らかにした。バブさんのアイゼンとリュックサックは発見されたが、遺体は見つかっていないという。

ラトビアとウクライナに拠点を置くAsk.fmが支援していた登山家4人はウクライナ人で、「仮想通貨のマニア」だったという。4人は未公開の仮想通貨合計100万コイン分が入ったハードウェア二つを持ってエベレストに入山し、うち3人が登頂に成功。ハードウェアの一つを山頂に埋めた。

Ask.fmはエベレスト山頂で撮影されたとされる動画をユーチューブ(Youtube)に投稿し、そこには登山隊の1人が「できるものなら取りに来てもいい」と呼び掛ける姿が捉えられていた。

この登山家はAFPの取材に応じ、バブさんについて「下山の時には私たちの後ろにいた。彼に何があったのかはわからない」と述べた。

Ask.fmはハードウェアに入っていた100万コインが10万ドルに相当するとしているが、同社は新規仮想通貨公開(ICO)を行っておらず、金額は実際の市場価値に基づいたものではない。

(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3176179?act=all