もんもんニュースおすすめの他サイト記事

スポーツ


1: みそラーメン ★ 2018/09/14(金) 23:36:46.60 ID:CAP_USER9
 何が起きたのか公表したがらず、十分な説明をすることもない。隠蔽が疑われるような学校対応は、いじめだけに限らない。授業や部活中の事故でも同様だ。

体育の跳び箱で下半身不随に

’17年5月11日、横浜市鶴見区の市立中学校で、中学2年生だった男子生徒、山下翔くん(15=仮名)が体育の授業中、高さ90センチの跳び箱から落下。胸から下が動かなくなった。

事故を受けて、市の学校保健審議会は「学校安全部会」を設置。原因を調査し、’18年6月、詳細調査報告書にまとめて再発防止策を提言している。これに対し、「個人の責任とも読めるため納得がいかない」という両親が取材に応じた。

報告書によると、翔くんは開脚跳びで5段の跳び箱を跳ぼうとしていた。ロイター板を踏み切ったとき、腰の位置が高くなり、跳び箱に手をついたが体勢が崩れた。そして、勢いをつけたまま、前方に敷かれていたマット(厚さ約20センチ)の上に頭から落ちてしまった。首は強制的にまげられる形になり、頸椎を脱臼。病院に救急搬送され、手術したが、足は動かないままだ。

日本スポーツ振興センターによると、’16年度中の「器械体操・新体操」での事故は1万2622件。このうち跳び箱運動は5046件と半数弱だ。小学校では、学校での事故で最も多いほど頻発している。

当初、両親は大きな後遺症が残るとは思っていなかった。事故当日の11時過ぎ、母親である容子さん(39=仮名)に病院から電話があった。駆けつけると、到着していた体育教師が言う。

「翔くんの足が動かないと言っています」

医師から「歩けるようになりません」との説明があり、呆然とする。父親の篤志さん(47=仮名)と話を聞くうち、涙が出てきた。

校長が病院に来たのは16時ごろだった。救急搬送されてから7時間がたっていた。容子さんは校長の言葉を今でも忘れない。

「今回は残念なことになりまして……」

謝罪の言葉ではない。違和感を覚えたが、学校も市教委も、ケガをした息子の味方だと思っていた。

謝罪なし、口封じを迫る学校へ募る不審

当時、体育館にいた生徒には学校側から事故について話があったが、生徒全体への説明はなかった。容子さんのもとへ、詳しい事情を知らない保護者から“大丈夫?”とのメールが届くようになる。両親は学校に「全校生徒に(事故概要を説明した)プリントを配布してください」と願い出た。

文部科学省は「学校事故対応に関する指針」を’16年3月31日に通知している。それによると、学校管理下の死亡事故、あるいは、30日以上の治療が必要な負傷や疾病を伴う重篤な事故の場合、原則として3日以内に学校が基本調査を行うことになっている。また、最初の説明は、調査から1週間以内が目安とある。

両親が願い出たにもかかわらず、校長は「学校からは説明しません。知りたい場合は、校長室に電話をすればいい」と断ったという。

公になってほしくない姿勢は、ほかの言動でも見え隠れしていた。

「公表しようと思ったときも、校長先生は“公表しないでください”と言ったんです。私が“公表したいです”と言っても、校長先生は“公表しないで”の一点張り。公表しないと言わなければ帰してくれない雰囲気でした」(容子さん)

結局、6月の保護者会では篤志さんが前に出て、事故の経過やケガの様子について話した。

その後、調査のため「学校安全部会」が7月11日、事故から2か月もたって設置された。どこまで何を調査するのか、調査の方法、部会メンバーの選定に関して、両親の意向は考慮されなかった。

報告書が出されたのは、その翌年6月のことだ。授業の環境や事前準備、指導計画、体育の安全に関する校内研修が行われていたことなどが列挙されていた。

一方で、翔くんの体格の変化が一因と書かれていた。

《体格が大きくなって、その体格自体が体の自由度を奪っていたということは考えられる》

両親によると、「体格が大きくなっ」たのは、部活の柔道で階級を上げるため体重を増やしていたから。しかも、体育教師は柔道部の顧問だ。

「階級を上げたほうがトーナメントで勝ちやすいから、と。教師はそれを知っていたはずです」(篤志さん)

※続きはソースで

http://news.livedoor.com/article/detail/15306210/

スポーツ


1: ひかり ★ 2018/09/13(木) 12:24:10.74 ID:CAP_USER9
 テニスの全米オープン(OP)で4大大会シングルスの日本勢初優勝を果たし、女子の世界ランキングで自己最高7位に浮上した大坂なおみ(20)=
日清食品=が13日、横浜市内で記者会見を行った。

会見では、「インスタグラムにどんな写真を載せたいか」「大事にしている日本語」「日本語をどう学んでいるのか」「海外の報道で古い日本人像を
考え直すきっかけになっているとあるんですが、ご自身のアイデンティティを含めてどのように受け止めているか」などの質問があった。

こうした質問にSNS上では「大坂なおみさんの記者会見でテニスと無関係の質問をする記者が多いなあ。将棋の藤井さんに対してもそうだけど、
日本のマスコミのダメさを一番ハッキリと痛感するのが記者会見だよ。なんでこういう知識のない人間を記者として送り込むのか。メディア各社の意識が
低過ぎる」。「大坂なおみの会見、マスコミの質問の質があまりにも低すぎて、いたたまれない気持ちになる」。「大坂なおみ選手のインタビュー見ているが、
ここまでの日本のマスコミの質問のレベルの低さに恥ずかしくなり、大坂選手に申し訳ない気持ちで一杯になった。セリーナとの歴史的な試合に誰も
ひと言も触れない。情けない。ワイドショーばかりで専門誌のライターなどはいなかった?大坂選手に失礼」。「記者たちの質問が酷すぎる…
国籍とかアイデンティティだとか日本語勉強法だとかそんなことよりテニスのこと聞けよ…失礼すぎるわ…」。
「大坂なおみ選手に「日本語で大切にしている、好きな言葉は?」という質問必要?」など疑問の声があがっていた。

スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00000074-sph-spo

スポーツ


1: すらいむ ★ 2018/08/21(火) 14:36:58.57 ID:CAP_USER9
東京五輪メダル「銀」まだ足りない、小中学校でも回収へ

環境省は、東京五輪・パラリンピック用メダルの原材料になる廃家電などのリサイクル貴金属の回収を強化する。

全国の自治体に対し、秋から小中学校で使用済み携帯電話やパソコンなどの回収ボックスを設置するよう協力を呼びかける。

これまでの回収で金と銅のメダルに必要な量はメドがついたが、銀は確保できておらず、学校との連携で五輪に間に合わせる。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

日本経済新聞 2018/8/20 12:21
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3433666020082018MM0000/

2: 名無しさん@1周年 2018/08/21(火) 14:37:55.19 ID:Izs3f//m0
なんか戦時中の金属供出みたいになってないか

 

190: 名無しさん@1周年 2018/08/21(火) 14:57:37.99 ID:f5HrWZMu0
>>2
無理してエコアピールするからだよ(このメダルは廃品利用です!っていいたいだけ)

 

309: 名無しさん@1周年 2018/08/21(火) 15:08:50.91 ID:Q5V/mBtg0
>>2
ただ働きボランティアも足らないから学徒徴用だな

 

3: 名無しさん@1周年 2018/08/21(火) 14:37:57.77 ID:+6MDL1Mf0
戦中かよ

 

10: 名無しさん@1周年 2018/08/21(火) 14:38:48.44 ID:9ct7EBto0
送料着払いで募集してる?

 

19: 名無しさん@1周年 2018/08/21(火) 14:39:46.83 ID:n2DGywYs0
これはチョコボールの買い占めもありえるな

 

82: 名無しさん@1周年 2018/08/21(火) 14:46:15.49 ID:0aD2Ifyh0
>>19
ちょっと待って

 

21: 名無しさん@1周年 2018/08/21(火) 14:39:55.47 ID:bGwJTXH40
リサイクルに拘ってんのか バカじゃねぇーの
余計にコストが掛かってるだろw

 

22: 名無しさん@1周年 2018/08/21(火) 14:39:56.35 ID:uGL7kkp00
もってこなかったガキは内申書どうなるか分かるな?

 

23: 名無しさん@1周年 2018/08/21(火) 14:40:07.40 ID:kE2s5ELA0
買ったほうが安くないのか?

 

26: 名無しさん@1周年 2018/08/21(火) 14:40:14.33 ID:n+1ypciX0
電子機器には金と銅は在っても銀は使ってないからな。台所から銀紙回収するしかないな。

 

42: 名無しさん@1周年 2018/08/21(火) 14:41:56.82 ID:6OAVLy920
東京以外の自治台が協力する大義や理由ってあるの?

 

45: 名無しさん@1周年 2018/08/21(火) 14:42:09.14 ID:ViOsSjQQ0

リサイクルして作るってこれコストを考えてやってるわけではないと
最初から国が認めてしまってるからな。
あくまで「リサイクルすればこういうメダルだって製造可能なんですよ」と
技術と今後のリサイクルを促進するアピールする一種の広告に過ぎない。

これはこれでいいんだよ。コストが倍かかろうが極論10倍かかろうが
国の広告戦略なんだからそれにケチつける必要は一切ない。

 

84: 名無しさん@1周年 2018/08/21(火) 14:46:21.45 ID:unczoADB0
>>45
それはわかる
でも銀って宝飾品とか貴金属ならあるが、工業製品利用はあんまりされてないんだよ
電気抵抗が低いから使い道がないわけじゃないのだが
アルミや銅で作っても似たようなものができるから、コストがずっと安いそちらで作るのが普通だし

 

97: 名無しさん@1周年 2018/08/21(火) 14:47:29.92 ID:UbF2avG60
>>84
だよなあ
銀アクセの回収くらいしか思いつかないぞこれ

 

54: 名無しさん@1周年 2018/08/21(火) 14:42:41.13 ID:982g2hFd0
理想先行で無計画なザル仕事
さすがお気楽公務員

 

60: 名無しさん@1周年 2018/08/21(火) 14:43:47.88 ID:6E1t5tpz0
銀なんて安いからな
もう普通に買えよ。

 

62: 名無しさん@1周年 2018/08/21(火) 14:43:57.27 ID:fhmuIgvN0
こうやって無駄仕事を増やして人件費をむさぼる公務員

 

74: 名無しさん@1周年 2018/08/21(火) 14:45:23.78 ID:dv0jBnML0
集めた金で銀を買うんじゃねw?

 

99: 名無しさん@1周年 2018/08/21(火) 14:47:49.78 ID:4a1L6h5z0
政治家連中の宝飾品からとれよ

 

90: 名無しさん@1周年 2018/08/21(火) 14:47:03.19 ID:ChXiU9cX0
金メダルって金メッキの銀じゃなかったか
銀2:銅1:金少し の比率でメダルに使うはず

 

94: 名無しさん@1周年 2018/08/21(火) 14:47:18.70 ID:qAbg/JXn0
回収するのはいいけど余った金とかどうするん?

 

124: 名無しさん@1周年 2018/08/21(火) 14:50:20.84 ID:oQmEo1Go0
善意が足りない

 

130: 名無しさん@1周年 2018/08/21(火) 14:51:12.87 ID:JFwFyf1e0
全然わかってないやついるけど
別に貴金属巻き上げてるんじゃなくて
都市鉱山で出来たエコなメダルってのがウリだからな
金はともかくほかは買った方がやすいだろ

 

133: 名無しさん@1周年 2018/08/21(火) 14:51:20.52 ID:YQgc5deB0
戦時中の日本じゃあるまいし
物資も金もいくらでもあんだろうが

 

126: 名無しさん@1周年 2018/08/21(火) 14:50:44.34 ID:YbDTs4kg0
電気製品だけでは銀は足りないことは最初から分かってたはずだよね

 

135: 名無しさん@1周年 2018/08/21(火) 14:51:31.06 ID:AV/X+vi+0
石見銀山で掘れ

 

148: 名無しさん@1周年 2018/08/21(火) 14:53:11.31 ID:DuyL2u/z0
都市鉱山という話題のために高い調達コストに税金かけるコンパクトオリンピック

 

116: 名無しさん@1周年 2018/08/21(火) 14:49:31.33 ID:C4CL7RBW0
リサイクルアピールするなよ
新しく競技場作ってるのに

 

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1534829818/

スポーツ


1: プティフランスパン ★ 2018/08/14(火) 01:43:59.53 ID:CAP_USER9
夏の高校野球では、試合に負けた球児たちが甲子園球場の砂を集め、持ち帰る様子が度々報じられる。毎年おなじみの光景だが、持ち帰った後の使い道を疑問に思っている人は多いのではないだろうか。

こうした中、フリマアプリ「メルカリ」には、甲子園球場の土が出品されている。数百円から数千円まで価格は様々だ。

■「自分で入れたので100%本物です」「甲子園に出場した先輩から頂きました」

8月13日現在、十数件以上出品されている。「甲子園第85回記念大会に出場し、敗退した際に実際に持ち帰ったものです。三塁側ベンチ前の土です」という紹介文付きで、「甲子園」の名前が入った瓶に詰められているものは栃木県からの出品。3500円で取引されていた。
同じく栃木県からの出品で「2001年(第83回大会)当時、甲子園に出場した先輩から頂きました。大切に保管していましたが、入れ物の瓶には少し傷がついています」という1000円の土も、既に売り切れていた。

現在開催中の第100回記念の土だと説明する品もある。「惜しくも甲子園に行けなかった球児、応援してくれた方、記念にいかがでしょうか」と呼びかけていたこの品は、13日14時45分時点でまだ買い手が付いていない。
2014年の90回大会で記念品として配布された、球場の砂が入ったバッジやキーホルダーの出品は特に多い。バッジは1000円から2000円台、キーホルダーは数百円から1000円台の出品で取引が成立していた。

このほか「平成10年松坂世代の時に出場した時の甲子園の土です。自分で入れたので100パーセント間違いなく本物です。当時のスパイク入れに入れた物をそのままお渡し致します。結構な量入ってます。当時出場した時の記念盾で確認できると思います」というものもあった。熊本県からの出品で、送料込みで750円。こちらも取引成立していた。

■ かつては同じ配合の土に注文殺到し販売中止になったことも

ネットでは「そもそも本物かどうか分からない」という声や「買ってどうするんだろう?」という疑問も出ている。「甲子園の土持って帰るのって、高校球児のロマンじゃないのかよ……」「なんだか虚しい」とがっかりしている人もいた。

球場のグラウンド整備を行う阪神園芸は2010年8月、球場の土と同じ配合の土「甲子園グラウンドキーパーの土」を、15リットル入り1袋2310円で発売している。「雨天や強風の際に流出するグラウンド土を適宜補充し、グラウンドを最善な状態にしていただくため」という理由での販売だったが、甲子園球場と同じ配合という点に魅力を感じた消費者から「記念に欲しい」などの声が殺到。発売後数日で、個人向け販売が中止になった。同社担当者によると、「現在は業務用に、大口の注文のみで販売している」という。

メルカリやヤフオクで購入後、土をどのように保管・利用するのかは不明だが、高校野球ファンや、甲子園を夢見た人達にとっては、甲子園の土への思い入れはやはり特別のようだ。

甲子園の土、メルカリで続々出品「85回大会で敗退した際に持ち帰った物です」 取引成立も多数「なんだか虚しい」
キャリコネ編集部2018.8.13
https://news.careerconnection.jp/?p=58086

スポーツ


1: 孤高の旅人 ★ 2018/08/05(日) 21:33:55.67 ID:CAP_USER9
助成金流用や判定介入など一部は認めるが大半は否定
日本ボクシング連盟の山根明会長(78)が大阪市内で毎日新聞の取材に応じ、山口組系暴力団元組長の男性(81)との交友関係が50年以上あったことを認めた。全国のアマチュアボクシング関係者333人がスポーツ庁などに告発した助成金流用や判定への介入などの不正については、一部は認めたものの大半を否定。山根会長は「連盟は何も悪いことをしていない。進退は考えていない」と辞任する考えがないことを強調した。

交友関係は男性が毎日新聞に証言して明るみに出ていた。山根会長によると、男性と知り合ったのは19歳ごろ。大阪市内で1人で6人を相手にけんかをした際、仲裁に入ってくれた人がいて、その人の紹介で男性と知り合ったという。
山根会長が日本連盟理事となった1991年以降も交友関係は続いたが「6年くらい前に関係を絶った」という。男性は2007年6月に組長を引退した。男性のボクシング競技への関与について山根会長は「向こうは関わりたがったが、関わらせなかった」と否定した。
山根会長によると、今月2日午前1時ごろ、妻が経営する飲食店に勤める女性が、その男性に呼び出され「3日以内に辞めないと過去をばらすと山根会長に伝えろ」と言われたという。山根会長は「脅迫であり、被害届を出す手続きをした。告発側は暴力団元組長を使って、私を辞めさせようとした」と説明した。
日本スポーツ協会は16年11月、加盟団体の役員や関係者らを対象にした倫理に関するガイドラインを改定して「暴力団など反社会的勢力との交際を禁じるよう、罰則も含めて規定化すること」を求めている。同協会幹部は「スポーツと名の付く組織、関係者で、反社会的勢力と関わりを持つことは断じて許されない」と指摘している。【来住哲司】

毎日新聞2018年8月5日 21時25分(最終更新 8月5日 21時25分)
https://mainichi.jp/articles/20180806/k00/00m/050/095000c

スポーツ


1: ばーど ★ 2018/07/07(土) 19:57:37.34 ID:CAP_USER9
プロ野球・巨人の6年目の外野手、柿澤貴裕選手が1軍で活躍する主力選手などの野球用具を選手ロッカーから盗んで売却していたとして、球団は7日付けで柿澤選手との契約を解除しました。

球団によりますと、柿澤選手はことし5月から先月にかけて、12回にわたって川崎市のジャイアンツ球場にある選手ロッカーからチームメートの野球用具、およそ110点を盗み出し、東京都内の中古ブランド品の買い取り専門店に売却していたということです。

球団では、先月下旬に別の選手から「ユニフォームが買い取り専門店のネットオークションに出品されている」という相談があったことから、球団が防犯カメラの映像を調べたところ、柿澤選手が盗み出す様子が映っていたということです。

盗んだ用具の中には、阿部慎之助選手のバットや菅野智之投手のグラブなど、1軍の主力選手のものも含まれていて、柿澤選手は球団の聞き取りに対し「消費者金融から借金するなど、生活費に困窮していた」と認めたということです。

このため球団は7日付けで柿澤選手との契約を解除しました。

柿澤選手は、「ライバルであり、仲間だと思って一緒にやってきた選手を裏切ってしまい申し訳ありませんでした」とコメントしています。

柿澤選手は、高校時代に春夏合わせて3回甲子園に出場したあと、平成25年に楽天に入団し、トレードで巨人に移籍して2年目でしたが、1軍での出場はありませんでした。

2018年7月7日 18時35分
NHK NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180707/k10011521321000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

スポーツ


1: スタス ★ 2018/06/29(金) 05:17:00.53 ID:CAP_USER9
歓喜一転…「すられた」「なくした」渋谷交番に行列

サッカーロシアワールドカップ(W杯)の日本対ポーランド戦が行われた28日深夜、
東京・渋谷駅前のスクランブル交差点には、日本代表の2大会ぶりのベスト16進出を喜ぶファンが集まり、もみくちゃの状態となった。

DJポリスをはじめ、警察官が多数出動し、交通を規制。
それでも信号が変わると「オーニッポン!」の掛け声とともに交差点に大勢のファンが流れ込み、交通整理が全く利かない状況になった。

この状況もあり、財布や携帯電話などをなくした人が続出した。
警察は渋谷駅前交番の前に、臨時で落とし物の受付所を開設。
午前2時ごろには、約50人が列をつくっていた。

ズボンの右後ろポケットに長財布を入れていたという男性は、
「スクランブル交差点を渡り終わり、気が付いたらなくなっていた。落とした感覚はないので、すられたと思う。本当に悔しいし、返してほしい」と訴えた。

携帯電話をなくして列に並んだ男子大学生(20)は、
「30分以上列が進んでいない。なくした自分たちが悪いのは分かっているが、なぜ受付が1カ所だけなのか。
せっかく日本がグループステージを突破したのに全く喜べない」と嘆いた。

日刊スポーツ 6/29(金) 2:51配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-00252882-nksports-soci

スポーツ


1: 名無し募集中。。。 2018/06/24(日) 08:24:13.38 0
サッカー日本代表のFW大迫勇也(28)を称賛する言葉で、“流行語”になっている「大迫半端ないって」が4年前に商標登録されていたことが23日、分かった。
大阪府東大阪市の会社員、塩崎裕也氏(32)が2014年4月に「OSAKO HANPA NAITTE」として特許庁に出願し、同10月24日付で登録された。

「大迫半端ないって」は09年1月の全国高校サッカー選手権で、鹿児島城西高の大迫のプレーに驚がくした対戦相手の選手が敗戦後、大迫を泣きながら称賛した言葉。
アパレル会社でTシャツなどを作っている塩崎氏は、Tシャツにプリントする言葉を探している中で知ったという。
「ネットで見つけて、これは面白いと思った。商標の勉強をしている最中でもあったので出願した」と明かす。

14年のブラジル大会を前に「OSAKO HANPA NAITTE」の文字と、絶叫する相手選手のイラストを描いたTシャツを約200枚作り、インターネット上で販売。
1枚4200円(税込み)で、今大会が始まるまでに約150枚が売れた。
残っていた50枚は19日の日本―コロンビア戦後、あっという間に売り切れたそうで、塩崎氏は「ブームの凄さに驚いた」と語る。

一方「大迫半端ないって」の言葉をプリントしたTシャツはこれ以外にも出回っており、中には数千枚を売り上げたものもある。
識者によると、「OSAKO HANPA NAITTE」の商標権を持っていれば、呼び方が同一のもの全てに権利が及ぶ可能性があるという。
塩崎氏は「僕としては200枚売れたら十分と思っていたのですが…。
数千枚売れたものがあると聞くと、商標権を持っている人間としては複雑」と話している。

▼ボーダーズ国際特許事務所所長・小暮君平弁理士
商標権で大切なのは誰が一番先に出願したか。
今回の場合、塩崎氏が衣類などで使う権利を持っているため、ほかの人が「大迫半端ないって」という表記を衣類で使用した場合、問題になる可能性がある。
ただし、イラストについては今回、商標権の対象となっておらず、著作権が発生している可能性がある。

https://www.sponichi.co.jp/society/news/2018/06/24/kiji/20180623s00042000574000c.html

スポーツ


1: おでん ★ 2018/06/20(水) 02:35:07.09 ID:CAP_USER9
 東京・渋谷のスクランブル交差点には、平日の夜にもかかわらず大勢のサポーターらが集結。
皆で喜びを分かち合ったが、現場は大混乱となった。

日本代表の勝利後、歩行者用の信号が青になると同時に、横断歩道上に駆けだしたサポーターらがジャンプしながらハイタッチ。
誘導のために交差点周辺に警視庁が設置した鉄柵が人の押し合いで倒れ、転倒する人も続出した。

信号が赤になってもサポーターらが横断歩道を渡りきれず、救急車両が通れなくなる場面もあった。

警視庁はこの日、トラブル回避のため数百人の機動隊員らを投入。ソフトな語り口で誘導することで知られる
「DJポリス」が「ルールを守り、マナーのある行動をとってください」などとアナウンスしても、なかなか混乱は収まらなかった。

仕事帰りにスポーツバーでユニホーム姿となって観戦したという会社員の内田誠也さん(23)は
「正直負けると思っていたが、最高にうれしい。日本が得点したときはテンションが上がった」と喜んだ。

東京ドーム(東京都文京区)で行われたパブリックビューイング(PV)会場も異様な熱気を帯びた。

集まったのは約1万1千人。サムライブルーのユニホームに身を包んだサポーターが、開放されたグラウンド部分を埋めた。

試合早々に先制点を奪うと、ハイタッチを交わして歓喜。後半に相手を突き放す2点目が決まり勝利をつかむと、
総立ちになって日の丸を揺らした。試合後も会場周辺では「ニッポン」コールが続いた。

同僚らと訪れた東京都の会社員、野本奨さん(39)は「前回の雪辱も果たした。必死に戦った選手たちは最高だった」。
学生の岸田晋也さん(22)は「大会前は負けが続き、不安もあったが良いスタートだ」と先を見据え、
会社員の西圭子さん(32)は「厳しい相手に見事な戦い。得点では鳥肌が立った」と興奮した様子で語った。

スペシャルサポーターとしてPVに加わった元日本代表・戸田和幸さん(40)は「1次リーグ突破は次の試合が大切。
選手もすでに切り替えたはず。私たちの応援も重要になる」と呼びかけ、元女子日本代表の丸山桂里奈さん(35)も
「絶対得点を決める気持ちが伝わってきた。これからが大事。チーム全体で戦ってほしい」と期待を込めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000504-san-socc

スポーツ


1: 記憶たどり。 ★ 2018/06/15(金) 14:00:27.03 ID:CAP_USER9
6月14日に開幕したサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会。スタジアムでは開催地や
各国のサポーターによる応援スタイルの違いも見ものだ。8年前の南アフリカ大会では、
細長いラッパのような「民族楽器」ブブゼラから発せられる重低音が、スタジアムに響き渡るだけでなく、
テレビ中継を通じて世界中のお茶の間にまで広がった。時に「騒音」とまで呼ばれ、
世界的な知名度を得たブブゼラ。だが今、南アフリカでは、あの楽器の人気はすっかりすたれているという。
ブブゼラにいったい何が起きたのか?

4月、国内随一の人気を誇るカイザー・チーフスの試合が、首都ヨハネスブルクのFNBスタジアムであった。
だが、ブブゼラを持っている観客は1割にも満たない。チームのユニホームに身を包んだサポーターたちは、
歌や踊りで選手たちを鼓舞していた。

ブブゼラを吹き鳴らして応援していた男性サポーターに話しかけると、「ブブゼラはチームに力を与えてくれる」
と叫んだが、吹き鳴らす時は他の観客の迷惑にならないよう、誰もいない方向に向けていた。

ブブゼラは、強く息を吹き込んだ時の音の大きさが100デシベル以上。鉄道のガード下の騒音と同じくらいだと言われる。

欧州で活躍する選手からは「試合に集中できない」と抗議の声があがり、欧州サッカー連盟(UEFA)はW杯後、
主催大会でのブブゼラのスタジアム持ち込みを禁じたほどだ。

その起源には諸説あるが、もともとは動物の角笛だったという。南アフリカではその後、スズなどの金属製ができた。
2000年代に入ると格安のプラスチック製の人気が高まり、市場が拡大したという。

「ブブゼラの今」を聞こうと、ヨハネスブルクにあるブブゼラ業者を探してみた。だが、なかなか見つからない。
ブブゼラを製造していると聞いたプラスチック製品工場も訪れたが、「注文が大量に入らないと作っていない」と言われる始末だ。

何とか見つけたのが、南アの南西部にある観光地ケープタウンの業者だった。代表を務めるベビル・バッフマンさん(58)は、
1994年ごろからブブゼラの製造・販売を始め、これまでに200万~300万個を製造してきた。

自国開催となる2010年のW杯を大きなビジネスチャンスだとみていたバッフマンさん。その目算が狂ったのは、中国企業の存在だった。
W杯開催の数年前から、南アフリカ製より3、4割ほど安い値段でブブゼラを製造し、輸入してきたという。

ロイター通信によると、2010年のW杯当時、南アを中心としたブブゼラ市場は5千万ランド(約4億5千万円)規模に広がっていた。
一方、南アで使われるブブゼラの約90%が中国製に取って代わられていたという。

W杯後にブブゼラ人気は一気に下火になり、需要も低迷した。中国企業も地元業者も製造を控えるようになったという。

バッフマンさんは「小さいところから商売を始め、W杯というエベレストでその果実を収穫するはずだった。だが、期待通りにはならなかった。
中国との価格競争には勝てない」と下を向いた。

取材後、私たちのもとに送られてきた動画には、W杯期間中に製造したというブブゼラの在庫が映されていた。その数、6万個。
今も注文があれば、ここから細々と発送しているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180615-00000032-asahi-spo