もんもんニュースおすすめの他サイト記事

スポーツ

1: ばーど ★ 2018/06/14(木) 11:59:26.85 ID:CAP_USER9
阪急阪神ホールディングスの株主総会が13日大阪市で開かれ、株主が、阪神電車に、巨人を連想させるオレンジ色が使われていると指摘したのに対し、会社側は、数年後に車両を新たに造る際、意見を参考にするという考えを示しました。

総会では出席した株主が、阪神電鉄の特急や急行の車両に、巨人を連想させるオレンジ色が使われていると指摘しました。

これに対して会社側は、今の特急や急行用の車両の色は、阪神・淡路大震災以降、明るい色として採用したと説明しました。

さらに会社側は、今の色について「評判が悪いようだ」としたうえで、「車両を新しく造る時期が数年後にはやってくるので、今回の意見を参考にしながら考えていきたい」と述べ、新たに車両を造る際に参考にする考えを示しました。

また株主が、阪神が優勝から遠ざかっていることを取り上げたのに対し、会社側は「タイガースに対する熱い思いを聞かせて頂いた。身にしみて今後のことを真剣に考えねばならないと決意を新たにしている。これからも選手・監督らを鼓舞していくので、応援をお願いします」と述べました。

2018年6月13日 21時49分
NHK NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180613/k10011476891000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005

スポーツ


1: 豆次郎 ★ 2018/06/12(火) 23:00:42.37 ID:CAP_USER9

フジテレビ 試合前に「勝つのはパラグアイ」と誤投稿 削除して謝罪

<日本・パラグアイ>前半、競り合う柴崎(撮影・西尾 大助)

フジテレビのサッカー公式ツイッターアカウントが12日、サッカー日本代表のワールドカップ(W杯)ロシア大会前ラストマッチとなるパラグアイとの国際親善試合前に「勝つのはパラグアイ」と誤投稿し、謝罪するハプニングがあった。

同アカウントは日本時間午後10時5分のキックオフ約1時間前の午後8時54分に「♯勝つのはパラグアイ」とツイート。その後、当該ツイートを削除し、「先ほどフジテレビサッカー公式アカウントにて『勝つのはパラグアイ』と誤投稿がございました。既に投稿は削除させて頂きましたが、フォロワーの皆様に誤解を与えるような内容となってしまいましたことをお詫び申し上げます」と謝罪した。

フジテレビは28日のW杯1次リーグH組第3戦・ポーランド戦で中継を担当する。

6/12(火) 22:43配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00000156-spnannex-ent

スポーツ


1: 記憶たどり。 ★ 2018/06/11(月) 05:31:10.38 ID:CAP_USER9
日大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で負傷した関学大2年生QBの父、奥野康俊氏(52)が
10日、自身のフェイスブックで日大の第三者委員会によるヒアリングを受けたことを明かした。

奥野氏によると、午前10時から約3時間半行われ、第三者委員会からは委員長を務める勝丸充啓弁護士、
磯貝健太郎弁護士が出席。奥野氏は「何を守るための第3者委員会なのだろうか、事実を確認するだけで、
真相究明する気は全くない。息子に怪我(けが)をさせた理由を知りたい」と不信感を募らせ、その経緯を
以下のようにつづった。

「ヒアリングを受けていたが、途中に、勝丸弁護士の、あのタックルは怪我を軽くするためのタックルだったのでは、
という説明に、不愉快になり、私から、ズバリ質問をした」

息子が負傷させられたプレーをめぐる弁護士側からの発言に、不快感をあらわにし「中立を担保するために、
あなたは、日大との利害関係はあるのかないのか尋ねた」という。

そして「勝丸弁護士は、ない。と答えた。次に、今回の調査で日大からお金をもらっているのかと聞いたら、
はい。と答えた。果たして、これで利害関係がないと言えるのか。明らかに、嘘(うそ)だ。と私は感じた。
その契約書を開示してくれませんかと尋ねたら、出来ないと勝丸弁護士は答えた。開示して困る事は無いはずだ」
などと、強い言葉で説明を求める意見をつづった。

奥野氏は5月31日に日大の内田正人前監督と井上奨前コーチについて、傷害容疑の告訴状を
警視庁調布署に提出している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180611-00235246-nksports-spo

スポーツ


1: ばーど ★ 2018/05/11(金) 19:45:41.03 ID:CAP_USER9
金沢龍谷高校(金沢市上安原町)の野球部で4月、1年生の男子部員に対し、男性監督(40)による不適切な言動の指導があり、同校が男性監督を謹慎処分としていたことが10日、わかった。

石川県高野連を通じて事態を把握した日本学生野球協会は11日、審査室会議を開いて同校への正式な処分を決める。

同校によると、4月1日午後、ノックの練習中に、男子部員の集中力が欠けていると感じた男性監督が「ボールが頭に当たったら死ぬぞ」などと発言した。言動にショックを受けた男子部員は翌2日から練習を休み、母親が同校に経緯を説明した。男子部員は現在も不登校の状態が続いている。

学校側は男性監督や他の部員、母親から事情を聞いた上で、「発言は生徒の命を守るためのものだったが、言い方が部員に不安感を抱かせる不適切なものだった」と判断。4月4日から男性監督を部活での指導を禁じる謹慎処分とし、同月7日付で県高野連に報告した。男性監督は同校の調査に「子どもたちのことを考えて発言すべきだった」と反省しているという。

同校の山本正彦副校長は読売新聞の取材に対し、「生徒の特性を十分に理解し、配慮のある指導に努めるとともに再発防止に取り組みたい」と話した。

同校は昨年春にも、後輩を殴った野球部員が日本高野連から1か月の公式戦出場停止処分を受けた。

2018年05月11日 14時31分
YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180511-OYT1T50052.html

スポーツ


1: ばーど ★ 2018/05/08(火) 13:29:32.24 ID:CAP_USER9

【5月7日 AFP】自転車レース「ツール・ド・フランス(Tour de France)」の優勝者に「セクシー美女」たちが表彰台でキスを贈る慣行は「性差別を助長するステレオタイプ」だとして、仏パリ市がこれを廃止しようとしている。

自転車競技界では昨年、ブエルタ・ア・エスパーニャ(Vuelta a Espana)が先にこの「ポディウムガール」と呼ばれる女性たちによる祝福のキスを廃止。パリ市議会はこの件について採決し、代わりに優勝経験のある若いアスリートたちにツール・ド・フランス優勝者の祝福を担わせる意向だ。

この議題を提出したファディハ・メハル(Fadiha Mehal)氏は「(ポディウムガールは)不変的な性差別的ステレオタイプを示すものであり、2018年の今、我々はそうしたものを求めていない。見かけだけで知性に欠けるイメージに女性が関連付けられることはもはや容認できない」と述べた。

同氏によると今後パリ市当局はローラ・フレセル(Laura Flessel)スポーツ相とツール・ド・フランスの主催者に対し、必要な措置を取るよう要求していくという。

今年1月にはフォーミュラワン(F1、F1世界選手権)の興行主である米リバティメディア(Liberty Media)が、自社のブランド価値と「共鳴しない」として、スタート位置にモデルの女性を立たせる「グリッドガール」の廃止を発表している。

女性モデルから祝福のキスを受ける自転車競技選手
no title

(c)AFP

2018年5月7日 23:41
AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3173714

スポーツ


1: ばーど ★ 2018/04/12(木) 10:16:32.84 ID:CAP_USER9

静岡市で八日にあった大相撲春巡業「富士山静岡場所」で、力士が土俵上で子どもに稽古を付ける「ちびっこ相撲」に、毎年参加していた小学生の女児が参加できなかったことが分かった。主催者側に日本相撲協会から直前に「女の子は遠慮してほしい」と連絡があった。

富士山静岡場所は前身を含め二〇一三年から毎年開催。少なくとも昨年までの三年間は、ちびっこ相撲で女子児童が土俵に上がっていた。今年は静岡市と静岡県焼津市の相撲クラブの女児五人程度が参加する予定だった。

主催した実行委員会の幹部によると、静岡場所を担当する日本相撲協会の荒磯親方(元幕内玉飛鳥)から四日に電話があり、ちびっこ相撲に女児を参加させないよう要請された。ちびっこ相撲には結局、焼津市と静岡市の相撲クラブの男子のみ約二十人が参加した。

電話があった四日は、京都府舞鶴市での巡業で、土俵上であいさつをしていた多々見良三市長が突然倒れ、看護師の女性らが駆け寄り、救命処置をした。その最中に行司が「女性の方は土俵から下りてください」と場内アナウンスで促したことで、「命よりも『女人禁制』の伝統が大事なのか」と批判が集中した。女児三人が参加予定だった「やいづ少年相撲クラブ」(焼津市)のコーチは「三月ごろに県相撲連盟から参加の打診があった。地方の巡業ぐらい女の子も土俵に上げてほしかった」と残念がる。

協会広報部によると、三月の大相撲春場所中に巡業部長名で「年齢にかかわらず女性を土俵に上げないように」との通達が出された。広報部の担当者はこの時期に通達を出した理由については「巡業部長が交代したことが一つ」と新巡業部長の意向を示唆した。 (沢田佳孝、福島未来)

2018年4月12日 朝刊
東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201804/CK2018041202000155.html

スポーツ


1: 水星虫 ★ 2018/04/11(水) 22:04:51.14 ID:CAP_USER9
北九州市の小倉高校は、野球部の先輩らが後輩たちに対し、練習後に
威圧的な指導をしたことが確認されたとして、今月開幕する春の九州大会への出場を辞退しました。九州地区高校野球連盟や小倉高校によりますと、今月6日に県高校野球連盟から
「2年生から1年生の指導に関して調査してほしい」と高校に連絡があり、
監督らが部員1人1人に聞き取り調査を行ったということです。

その結果、今月2日の練習後の午後7時ごろから、2年生の部員13人が、
入学前の新1年生の部員12人をおよそ2時間にわたって整列させ、
「中学生気分が抜けていない」とか、「このままで小倉高校の野球部員になれるのか」などと、
威圧的な態度で指導していたことが確認されたということです。

これを受けて、野球部は練習を自粛し、学校は今月21日に開幕する春の九州大会への出場を、
辞退することを申し出、受理されました。

小倉高校の白川英治副校長は
「入学前の新1年生に対して、行き過ぎた指導だったことを重く受け止め、辞退を決めた」」
とコメントしています。

福岡県内で開催される春の九州大会には、九州・沖縄各県の大会を勝ち抜いた小倉高校を含め
17校が出場予定でしが、今回の小倉高校の辞退で、出場校は16校となります。

04/11 17:50 NHK
http://www3.nhk.or.jp/lnews/kitakyushu/20180411/5020000283.html

スポーツ


1: ばーど ★ 2018/04/04(水) 19:51:35.92 ID:CAP_USER9

 京都府舞鶴市で4日に開催された大相撲舞鶴場所で、土俵上で多々見良三市長があいさつ中に倒れ、複数の女性が土俵上で心臓マッサージなどをしていた際、女性は土俵から降りるようにとの場内アナウンスが数回にわたり行われたことが分かった。

4/4(水) 19:37
京都新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00000065-kyt-l26

他ソース
<春巡業、市長が土俵上で倒れて病院搬送 京都・舞鶴>
4日午後2時すぎ、京都府舞鶴市の舞鶴文化公園体育館で、大相撲の春巡業「大相撲舞鶴場所」のあいさつをしていた多々見良三舞鶴市長(67)が土俵の上で倒れ、市内の病院に搬送された。
市によると、市長は意識があって会話はできているといい、命に別条はないとみられる。持病は把握しておらず、原因については、精密検査で詳しく調べている。
巡業は、舞鶴市の市制施行75周年を記念して行われていた。
サンスポ 2018.4.4 19:43
http://www.sanspo.com/sports/news/20180404/sum18040419430003-n1.html

スポーツ


1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/03/31(土) 06:05:36.62 ID:CAP_USER9

 プロ野球北海道日本ハムの新球場を核とするボールパーク(BP)構想の建設候補地が北広島市内に決まり、現本拠地の札幌市内から転出することになったことについて、30日まで104件の意見が札幌市に相次いだ。多くが市の対応の遅さへの批判や、現ホームの札幌ドーム(札幌市豊平区)の今後を心配する声だった。

市の「市民の声を聞く課」によると、日ハム側が26日に建設候補地を発表した直後から、メールや電話などで意見が寄せられた。

具体的には「秋元克広市長をはじめ、市の担当者による対応が遅れた」などと責任を問う声や、「(球団に)札幌ドームを利用してもらえるよう策をもっと練るべきだった」などと批判する声が多かった。札幌ドームや観戦者が使う地下鉄の利用者が減り、市民負担が増えるのでは、と心配する意見もあった。

3/31(土) 5:00配信 北海道新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180331-00010000-doshin-hok

スポーツ


1: ガーディス ★ 2018/03/28(水) 14:00:52.85 ID:CAP_USER9

 東京都と2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は28日、ボランティアの募集要項案を発表した。9月中旬から12月上旬にかけて募集を行い、面接による選考や研修を経て、本番では過去最大規模となる約11万人が大会運営を支える。ボランティアは18歳以上(20年4月1日時点)が原則だが、組織委は中高生向けの新たな枠を設けて、大会参加を促していく方針。

組織委が募集する大会ボランティア(8万人)、東京都の都市ボランティア(3万人)に大別される。大会ボランティアは案内、競技、移動サポート、メディア、式典など9分野に分かれ、応募者は希望する分野を三つまで選ぶことができる。五輪またはパラリンピックで10日以上活動できることが条件で、組織委は競技知識やボランティア経験、英語など語学の技能を持つ人材を求めている。

都市ボランティアは気軽に参加できるように1日の作業時間を5時間程度としたほか、五輪とパラリンピック合わせて5日以上の参加で応募可能とした。いずれも都内までの交通費や宿泊費は自己負担だが、ユニホームや飲食などは提供される。医師や薬剤師など特別に資格を要する要員は別途、採用する。

また、組織委は中高生を対象にした新たな枠はテニスなどのボールパーソン、バスケットボールなどでコートを素早く清掃するモップ掛けや入場待ちの観客向けの楽器演奏などで検討を進めている。【田原和宏】

毎日新聞 2018年3月28日 12時18分(最終更新 3月28日 13時50分
https://mainichi.jp/articles/20180328/k00/00e/050/268000c