もんもんニュースおすすめの他サイト記事

国内

1: ばーど ★ 2018/10/29(月) 20:09:31.93 ID:CAP_USER9

・殺人未遂罪に問われた62歳の男に対する裁判員裁判が大阪地裁で開かれた
・男は2月、電車から降りた男性をナイフで刺して負傷させたとされている
・優先座席に座っていた男性に言いがかりをつけ、トラブルになったという

電車の乗車マナーをめぐるトラブルは後を絶たないが、今回は度を超していた。

大阪市大正区のJR大阪環状線大正駅構内で今年2月、電車から降りた男性(34)をナイフで刺して負傷させたとして、殺人未遂罪に問われた無職の男(62)に対する裁判員裁判が10月、大阪地裁で開かれた。男は事件当日、優先座席に座っていた男性とトラブルを起こし、ナイフで刺した。男は、以前からこの男性に不満を抱いていたというが、被害男性も男を他の乗客と度々もめるトラブルメーカーと思っていた。「自分勝手な正義感」が危険な攻撃性となって現れることも少なくないという。

■「何座ってんねん」

公判資料によると、事件の始まりは2月7日午前6時40分ごろ、JR大阪駅発の環状線内回り電車。6両目の優先座席に座った男性は男から言いがかりをつけられた。

「なに座ってんねん。足悪いんか?」

男性は無視したが、両ひざを小突かれた。同50分ごろ、電車が大正駅に近づいたため席を立とうとすると、男が立ちふさがり、その脇をすり抜けてドア前に並んだところ、後から髪を引っ張られた。

ここで男性は男の頬を殴った。対する男は男性のコートの襟元をつかみ、右手で折りたたみナイフ(刃渡り約9・2センチ)を出した。男性はホームに降りながら、男の手を振りほどこうとした瞬間、「『ドン』という強い衝撃」(男性)を感じた。男は体当たりするかのように、男性の左腹部をめがけてナイフを突き出した。

男性は階段の方へと押し出されながら、腹部に何度か衝撃を感じた。「いい加減にしとけよ」。そう言い残して男は去った。

当日夜、男性が2週間のけがをしたとのニュースを見た男は翌日、「自分がやった」と大阪府警大正署へ通報した。

■トラブルメーカー

2人は乗車駅と降車駅が同じで、たびたび同じ電車に乗り合わせるだけの間柄。男性の会社と男の自宅が同じ大正区で、男性は通勤途中、男は帰宅途中との違いはあったが、2人は大阪駅で電車に乗り、大正駅で降りていた。

男性の証言によると、男の存在に気付いたのは平成29年春ごろ。大阪駅で、優先座席に座っていた乗客に男が「説教」していた。同年夏ごろには、電車が揺れた際に肩がぶつかったと、やはり乗客に難癖をつけており、男を「トラブルメーカー」と感じていた。

2人の間でも事件以前にもめ事が起きていた。

男の供述によると、1年以上前に男性の割り込み乗車を「4、5回注意した」が、その都度男性に無視されたという。

一方、男性は法廷で、平成29年秋ごろには優先座席に座っていたり、ホームで立っていたりしただけで言いがかりをつけられたとし、「1週間に3、4回のときもあり、計20回以上は絡まれた」と振り返った。

男は動機について、「(犯行当日に)優先座席に座っていたことに怒ったわけではない」と述べ、かねてから男性に不満を抱いていた、とした。

■重い代償、有罪・転居も

男は起訴内容を認めており、争点は殺意の有無など。男は「ナイフを見たら(男性が)びっくりすると思った。深く刺さるとは思わず、死んでも構わないとは思っていなかった」と殺意を否定。一方、公判を通して反省の態度を示し、男性に「謝っても謝りきれない」と悔やんだ。

10月の判決公判で大阪地裁は、腹部を狙ったうえ、ナイフはコートを含む複数の服を貫通していて力を込めて刺したことから、殺意が認められると認定。懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役6年)を言い渡した。

男は男性に150万円を支払うことで示談が成立。また、今後2人が顔を合わせなくなるよう、男性の求めに応じて大正区から引っ越したことなどが有利な事情と判断され、判決では執行猶予が付けられた。

■自称「マナー向上委員会会長」

※省略

「自分なりの理由があり文句を言ったが、こんなことになるなら言わない方がよかった」

2018年10月29日 12時6分
産経新聞
http://news.livedoor.com/article/detail/15514389/

国内

1: スタス ★ 2018/10/28(日) 15:39:33.39 ID:CAP_USER9

27日夜から28日未明にかけて、東京 渋谷の繁華街ではハロウィーンで仮装した大勢の人が集まり、トラブルが相次ぎました。軽トラックが取り囲まれて横転させられるといった被害も出ていて、警視庁は器物損壊の疑いで捜査しています。
今月31日のハロウィーンを前に、27日夜から28日未明にかけて、東京 渋谷の繁華街は仮装した若者や外国人などが大勢集まり激しい混雑になりました。

トラブルも相次ぎ、警視庁によりますと、28日午前1時ごろには軽トラックが集まった人たちに取り囲まれて横転させられたということです。けが人はいませんでしたが、軽トラックの運転手から被害届けが出されたということで警視庁が器物損壊の疑いで捜査しています。

このほか、渋谷の繁華街ではあちこちでいさかいごとが起きたほか、盗撮や痴漢の疑いで逮捕者も出たということです。

警視庁は28日も警察官を配置して警戒にあたることにしています。
動画を撮影した人は
ツイッターに上げられた動画では、横倒しになった軽トラックに2人の人物の上に立って周囲をあおっているような様子が撮影されています。

撮影した人は、「繁華街に入ってきたトラックの荷台に男たちがのぼって騒ぎはじめ、それが次第に大きくなり、トラックを揺らして横転させた。窓は割れ、屋根もへこんでいた。トラックを運転していた人は、横転する前に逃げていた」と話していました。

渋谷の繁華街はごみが散乱

一方、渋谷区は、ハロウィーンの時期はごみのポイ捨てなどの迷惑行為が目に余る状況になっているとして、ルールやマナーを守るように呼びかけていましたが、28日未明、渋谷の繁華街の路上には、割れた酒の瓶とみられるガラスの破片や空き缶、それにたばこの吸い殻といったごみがあちこちに散乱していました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181028/k10011689021000.html

車を横転させる瞬間のgif
https://dotup.org/uploda/dotup.org1677748.gif

動画
窓をガンガン叩いてトラックの窓割る
https://www.youtube.com/watch?v=FQB9wQ_azEA
https://twitter.com/…218477407592448?s=21
https://www.youtube.com/watch?v=L74ueMKGqr4

警察官にイキるDQN
https://mobile.twitter.com/02010902/status/1056253024098672640/video/1

国内


1: シャチ ★ 2018/10/27(土) 22:01:44.02 ID:CAP_USER9
【ハロウィン/モデルプレス=10月27日】31日にハロウィン当日を控え、週末の27日、早くも東京・渋谷にはハロウィンを楽しもうという若者たちが集結。渋谷駅前はパニック状態になっている。
今年は31日が平日水曜日とあって、週末にハロウィンを先取って楽しむ人も多数。

日中汗ばむほどの暑さだった渋谷は、夕方以降になると駅前からスクランブル交差点、センター街にかけて人が溢れかえり、18時30分現在、すでに真っ直ぐ歩くのもままならない混雑となっている
<露出度高め>過激ハロウィンコス スナップ】

◆今年も状況に応じて歩行者天国に
警視庁では、今年も駅前のスクランブル交差点付近から道玄坂下交差点で分岐する2区間で車両の流入を規制したり、歩行者に開放したりなど交通規制を適宜実施予定。今年も31日まで各所でイベントが行われることから、混雑状況に応じて歩行者天国を実施する予定。

スクランブル交差点では、18時20分時点ですでに複数の警察官が配備され、歩行者の誘導を行っている。

◆渋谷区が強く要請
渋谷区も、ごみの大量散在対策として臨時エコステーションを設置。同日にかぎり、フィッティング&メイクルームを設置するが、有料化し清掃化費用にあてることも検討している。

さらに、昨今の問題を受けて「終電までには帰宅すること」や「ビンの酒の販売自粛」を強く要請。これを受けて、MEGAドン・キホーテ渋谷本店が10月31日から11月1日にかけて冷蔵の瓶入りアルコール飲料の販売を自粛するなど、店舗側も協力している。(modelpress編集部)

ソース モデルプレス
https://mdpr.jp/news/detail/1801294

国内


1: 記憶たどり。 ★ 2018/10/27(土) 09:09:56.78 ID:CAP_USER9
京都府城陽市立北城陽中で11日に行われた2年生の社会科中間テストで、戦前に軍旗として使われた「旭日旗」に
「世界に見せたれ! 日本人のど根性」とのメッセージを重ねた図が、問題用紙に記載されていたことが26日、分かった。
同校は不適切と判断し、問題用紙を回収した。

同校によると、テストは2年生95人を対象に、地理の内容を扱った。20代男性講師が、生徒を鼓舞し、余白を埋める目的で、
インターネットでダウンロードした画像をそのまま使い、問題文の末尾に掲載したという。

テスト終了後に別の教員が用紙を見つけ、19日に校長に報告。校長が男性講師と、同じ学年で社会科を担当する教諭を注意した。
講師は26日までに生徒から用紙を回収し、「不適切な図が載っていたので回収する。迷惑をかけて申し訳ない」と謝罪した。

旭日旗は現在、日本の海上自衛隊が艦旗として使っている。戦前は日本陸海軍の軍旗で、中国や韓国では
「侵略の象徴」との受け止めがある。テストと同日に行われた韓国の国際観艦式・海上パレードでは、事前に韓国側から
艦旗の掲揚自粛を求められ、政府が海自の式典出席を見送り、両国間の懸案となっていた。

校長は取材に「政治的な意図はなく、軽い気持ちで載せてしまったようだ。旭日旗にはいろいろな解釈をする人がいる。
配慮をした教育が必要、と講師に指導した。学校としても、生徒に経緯を説明して謝罪する」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181026-00000035-kyt-l26

「旭日旗」を載せた北城陽中2年社会科のテスト問題
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181026-00000035-kyt-000-view.jpg

国内


1: ガーディス ★ 2018/10/25(木) 11:43:06.74 ID:CAP_USER9
東京の新宿御苑で、窓口の職員が、外国人観光客を恐れるあまり入園券をただで渡していた問題で、損害額はおよそ2500万円にのぼることが会計検査院の調べで分かりました。

新宿御苑では、入園券の発行窓口に勤務していた非常勤の70代の男性職員が、おととしまでの2年半余りの間に一部の外国人観光客に1枚200円の入園券をただで渡していたことが、去年明らかになりました。
外国語が話せないため、外国人観光客を恐れていたということで、職員は懲戒処分を受け退職しました。
この問題について会計検査院が調べた結果、損害額はあわせておよそ2500万円にのぼることがわかりました。
コンピュータのシステムで、券を発行した記録が取り消されていたということで、会計検査院は、新宿御苑を管理する環境省に対し、管理体制の不備を指摘するものとみられます。
これについて環境省は、「現時点ではコメントできない」としています。

https://www.nhk.or.jp/shutoken-news/20181025/0020460.html

国内


1: 水星虫 ★ 2018/10/26(金) 15:23:36.36 ID:CAP_USER9
余命告知訴訟 医師会側は争う

乳がんで亡くなった大分市の女性の遺族が、余命を知らされなかったため、 最期に充実した時間を過ごせなかったなどとして、病院を運営する大分市医師会と主治医に損害賠償を求めた裁判が26日始まり、医師会側は争う姿勢を示しました。

裁判を起こしているのは、乳がんが原因で57歳で亡くなった大分市の女性の夫と、3人の子どもです。

訴状によりますと、当時、女性は、がんの治療のため、大分市医師会が運営するアルメイダ病院に通院していましたが、ことし1月に容体が急変して亡くなりました。

その後、遺族が主治医らに経過を問いただしたところ、亡くなる9日前に診察した時点で
余命を1か月と判断したのに、本人や家族に知らせていなかったことが分かりました。

理由について、主治医らは 「本人が治療を望み、効果を期待している状況では余命を告知することはないし、その義務もない」 と説明したということです。

このため夫らは、少なくとも家族には余命を知らせるべきだったのに 教えてもらえず、最期に充実した時間を過ごせなかったなどとして、医師会と主治医に対し、およそ3200万円の損害賠償を求めています。

26日、大分地方裁判所で始まった裁判で、医師会側は「主治医の対応は十分だった」などとして訴えを退けるよう求め、争う姿勢を示しました。

10/26 13:50 NHK
http://www3.nhk.or.jp/lnews/oita/20181026/5070002312.html

IT


1: ガーディス ★ 2018/10/25(木) 11:28:53.76 ID:CAP_USER9
 ソフトバンク社の人型ロボット・Pepper(ペッパー)の契約更改が佳境を迎えている。

ソフトバンクグループ子会社のソフトバンクロボティクスは、2015年10月から契約期間が3年の法人向けモデル「Pepper for Biz」を開始。つまりPepperを契約した法人は今年10月から契約更改となる。

ところが、「日経xTECH」の調査で、レンタル契約の更改を予定する企業が15%にとどまることが明らかになった。Pepperの導入を表明している44社を対象にアンケートを実施し、27社から回答を得たが、「更新予定」と答えた企業は27社中4社(15%)のみ。

Pepperを導入した企業の担当者は、

「3年前は目新しさがあったのですが、今となってはブームは過ぎ去り、Pepperを見かけても、多くの人がスルーしていきます。結局、ロビーやフロント前においても、話しかけるのは小さい子ども。今は、倉庫に眠っています」

と漏らす。

ここ数年、急速にウェブサービスやアプリケーション、AIが発達してきたことで、「Pepperである必要がない」「他のサービスで補填(ほてん)できる」という声も上がる。多言語対応が売りの一つであったPepperだったが、現在はiPadのアプリでカバーが可能だという。

AIベンチャー社長の高倉葉太氏もこう指摘する。

「開発ツールが整っているソフトバンク制作なので、技術的にはお墨付きでしょう。ただ、技術をどう生かすかがカギ。Pepperは、技術や人工知能の無駄遣いと言えるのでは」

さらにネックなのは費用だ。ソフトバンクロボティクスによれば、Pepperの法人向けプラン(3年契約)は、手数料と月額利用料で198万9800円(税抜き)。「アプリのほうが便利でかつ安いので、Pepperを使う意味がなくなりました」(企業担当者)

しかしソフトバンクはただでは転ばないだろう。

「数多くのロボットを開発してきた米のベンチャー企業『ボストン・ダイナミクス』を買収した。返却されたPepperと、ボストン・ダイナミクスの技術を組み合わせて、次世代の技術開発につなげるのではないでしょうか」(高倉氏)

http://dot.asahi.com/wa/2018102400011.html

国内


1: ばーど ★ 2018/10/24(水) 08:33:30.02 ID:CAP_USER9
 中央省庁による障害者雇用の水増し問題。各省庁が勝手な解釈で「障害者」とみなし、雇用数に計上してきたことに対し、22日に厚生労働省で開かれた審議会の分科会では、国の対応への批判や今後の雇用についての注文が相次いだ。自治体などで働く障害者からは、雇用数を守るだけではなく、障害者に配慮した職場環境の整備を求める声が上がった。

「(矯正視力ではなく)裸眼で測定して視覚障害者にカウントするなど、理解ができない」。この日開かれた厚労相の諮問機関・労働政策審議会の障害者雇用分科会。検証報告書の内容が報告されると、委員を務める日本盲人会連合(東京)の竹下義樹会長は、語気を強めた。

報告書によると、本来は「眼鏡着用などの矯正視力で0・1以下」といった人を視覚障害者とすべきところを、複数の省庁では、裸眼で測定し、実際には近眼の人などを視覚障害者に計上していた。こうした不適切な運用は遅くとも1997年から続いていた。

(ここまで404文字 / 残り678文字)

2018年10月22日 22時08分
YOMIURI ONLINE
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181022-OYT1T50109.html

国際


1: みつを ★ 2018/10/24(水) 05:49:57.49 ID:CAP_USER9
シリアで拘束の安田さん解放か 身代金支払いの情報も
2018年10月24日 5:33
発信地:東京 [ 日本 アジア・オセアニア シリア トルコ 中東・北アフリカ ]

【10月24日 AFP】日本政府は23日、シリアで3年以上前から過激派勢力の拘束下に置かれていたフリージャーナリストの安田純平(Jumpei Yasuda)さん(44)が解放されたとみられると発表した。

2015年6月に拘束された安田さんは、今夏に過激派組織が公開した動画で、自身はひどい環境に置かれていると訴えていた。

23日夜に記者会見した菅義偉(Yoshihide Suga)官房長官によると、安田さんが解放されトルコ・アンタキヤ(Antakya%)の入管施設にいるとの情報がカタール政府から入った。日本政府は、解放されたのは安田さん本人である可能性が高いとみて、情報の確認を進めているという。

在英NGO「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」によると、安田さんはトルコ・カタール間の取り決めに基づいて解放された。また、複数の情報筋が、身代金が支払われたと話している。

同監視団のラミ・アブドル・ラフマン(Rami Abdel Rahman)代表は、「安田さんは、拉致犯らからトルコと近い関係にあるシリア以外の軍隊に引き渡された後、解放された。安田さんはイドリブ(Idlib)県の西部で拘束されていた」と明かした。

(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3194427?cx_part=latest

国内


1: ばーど ★ 2018/10/23(火) 13:21:55.31 ID:CAP_USER9
 元日の首都高速湾岸線を時速190キロで走行したとして、神奈川県警は23日、さいたま市見沼区春野3丁目の会社員後藤拓野容疑者(23)を道路交通法違反(速度超過)の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

高速道路交通警察隊によると、後藤容疑者は今年1月1日午前2時40分ごろ、横浜市鶴見区扇島の首都高速湾岸線で、最高速度規制80キロのところ時速190キロで乗用車を運転した疑いがある。運転する様子をタブレット端末で自ら撮影し、LINE(ライン)のグループで友人らに送信。映像を見た人が警察庁に通報し、発覚した。

後藤容疑者は12月31日午後10時ごろ、東京都内で乗用車を借り、都内と神奈川県内の高速道路などを約6時間にわたり走行したという。

2018年10月23日12時43分
朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASLBR410RLBRULOB00R.html?iref=comtop_8_06